**************************************************************************************************


ディズニー傘下で生まれ変わったルーカス・フィルムの新しいサーガの第1弾「スター・ウォーズ : ザ・フォース・アウェイクンズ」の内容すら、今年末12月18日の全世界同時公開を待たなければ、わからないだけに、いったい、その続編に、どんな悪役が登場するのか…?!、何とも言いようがありませんが、とりあえず、「エピソード7」で、フォースがアウェイクンするだけに、やはり、その覚醒したジェダイに対するシス?!ということなんでしょうか…?!




記事の見出しのように、新生ルーカス・フィルムとは同じディズニー傘下の姉妹会社であるマーベルのコミックヒーロー映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」(2014年)で、コレクターこと、タニリーア・ティヴァンを演じた名優ベニチオ・デル・トロが、「スター・ウォーズ : エピソード 8」の悪役として、出演依頼のオファーをされたことを、The Wrap の映画ジャーナリスト、ジェフ・スナイダーがスッパ抜きました…!!

SFタイムループのアクション・スリラー「ルーパー」(2012年)が高評価されて、メガホンを託されたライアン・ジョンソン監督が、「エピソード 8」に、どのような悪役を登場させるべく、ベニチオ・デル・トロに打診をしたのか?!、その詳細までは残念ながら伝えられていませんし、過去に「スター・トレック・イントゥ・ダークネス」(2013年)で、同様に悪役を依頼されるも断わってしまった本人が、果たして、サーガへの参戦を了承するのか、どうか…?!も、何とも言うことができません…。しかしながら…、


後追いで同じニュースを伝えた Variety のジャスティン・クロールによれば、ルーカス・フィルムは、「イラショナル・マン」が北米で公開中のホアキン・フェニックスに対して、まず依頼をするも、「ドクター・ストレンジ」(2016年11月4日全米公開)と同様に辞退をされてしまったことで、代役としてベニチオ・デル・トロに白羽の矢を立てたようですから、いずれにしろ、かなりの演技力と存在感の風格を持った大物の役者を、悪役に仕立て上げようと考えている節が窺えます…!!

アダム・ドライヴァーが起用されたカイロ・レンは、ダース・ベイダーに代わる存在?!とも言われているだけに、ベニチオ・デル・トロがオファーをされた新たな悪役が、この暗黒の騎士にどう絡むのか?!も、気になるところですね…!!
なので、「スター・ウォーズ」の新しいヒーローに大抜擢をされたジェン・ボイエガのフィン、新しいヒロインのデイジー・リドリーのレイ、そして、コロコロ・ドロイドの BB-8 も?!といった主人公たちは大きなピンチを迎えることになりそうですが、CIAリーダーのジェダイの騎士のみなさんは、ベニチオ・デル・トロが、その悪役を引き受けるか否か?!、どのように予想をされるでしょう…?!

ライアン・ジョンソン監督の復活サーガの第2弾「スター・ウォーズ : エピソード8」は、再来年2017年5月26日に全米公開の予定です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA