**************************************************************************************************


胸に “ S ” のシンボルをつけたキャラクターとしては、メリッサ・ブノワのお茶目な「スーパーガール」(10月26日全米放送開始)に人気を奪われ、クリプトン人を代表する立場を取って代わられつつあるヘンリー・カヴィルのマン・オブ・スティールが、例によって?!、シリアスな形相で佇んでいる廃虚は、ブルース・ウェインのかつての邸宅だそうですから、自分をつけ狙う謎のヴィジランテ、バットマンの秘密のアジトを見つけたようですね…!!





一昨日の月曜日(7月27日)に、ベン・アフレック監督の新・ダークナイトとヘンリー・カヴィルのマン・オブ・スティールが登場したカバー・フォトを紹介したイギリスの映画マガジン、エンパイアが、米英では明後日の木曜日(7月30日)に発売する最新号の誌面に掲載の「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」の新しい写真を計3枚(↑↓)、ひと足早く、披露してくれました…!!、トップ ↑ のスーパーマンに続いて、下 ↓ の2枚めは…、


何だか、まるで、ネット・ビジネスの分野で一躍、急成長を遂げたかのような IT バブル?!の経営者の若者みたいなキャラクターのイメージからして、「ザ・ソーシャル・ネットワーク」(2010年)のマーク・ザッカーバーグが起用されたことに、あらためて、うなづいてしまうかのような悪役のレックス・ルーサーですが…、


映画を製作するDCエンタテインメントが、公式の YouTube の番組「DC All Access」を通じて、明らかにしてくれた「バットマンVスーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」の最新情報によれば、マーク・ザッカーバーグは、90年代のアニメ・シリーズと同様に、右腕のボディガードを連れているそうで…、


上 ↑ のスクリーン・ショットのように、コミコン予告編で初登場した岡本多緒(「ザ・ウルヴァリン」2013年)の謎の美女こそは、レックス・ルーサーの身を守る運転手兼ボディガードのマーシー・グレイヴスだそうです…!!、では、その岡本多緒が抜擢をされたマーシー・グレイヴスは、アニメ・シリーズで、どんなキャラクターだったのか?!、下 ↓ の動画で、ハーレー・クインを相手に戦う姿を、チラとご覧ください…!!





バットマンVスーパーマン」の新しい写真の最後の3枚めは、下 ↓ のように、もはや、おなじみの対スーパーマン用のアーマーに身を包んだベン・アフレック監督の新・ダークナイトです…!!


新・ダークナイトも相棒として、ジェナ・マローンの女ロビンを連れているらしい?!という情報が事実であった場合、ひょっとすると、女ロビン VS. 岡本多緒のマーシー・グレイヴス!!という女同士の対決も見どころのひとつとして、浮上するのかもしれない「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」は、ワーナー・ブラザース恒例の春の男映画祭りの最新作として、来春2016年3月25日から全米公開!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA