**************************************************************************************************


何と言っても、なりが小さいだけに?!、今夏のサマームービー・ウォーズの群雄割拠の中で、今ひとつ、存在感をアピールできていないような感のあった「アントマン」ですが、ご覧のように、ありんこサイズのヒーローもまた人気のアベンジャーズの一員であることをアピールのプロモーションの手段に、ディズニー・マーベルが打って出ました!!







ブラッド・バード監督の期待のSF映画の大作「トゥモローランド」が転覆して、大コケし、あろうことか、同映画が約1億4,000万ドル=約172億7,755万円もの赤字を出しそうなことから、電脳映画の第3弾「トロン : アッセンション」の製作を急遽、中止するハメになってしまったディズニーにとって、やはり、頼りになるのはマーベルのコミックヒーローだけに、どうやら、最新作「アントマン」のプロモーションに本腰を入れることにしたようで…、


現在もまだ世界各国でヒット中の「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の人気ヒーローたち、アイアンマン雷神ソー、そして、キャプテン・アメリカとコラボしたデザインの上 ↑ 下 ↓ のポスターばかりか、名優マイケル・ダグラスが演じるハンク・ピム博士から、世界を救うために、ヒーローのアントマンに変身してほしいと頼まれたポール・ラッドの盗っ人スコット・ラングが、アベンジャーズに助けを求めれば、いいじゃないか…!!などと、御もっともなリアクションで、エヴァンジェリン・リリーのヒロイン、ホープ・ヴァン・ダインの目を点にしてしまう新しいTVトレイラーをリリースしてくれました…!!


ハンク・ピム博士としては、自分が開発したピム・パーティクルズの悪用を防ぐために、どうやら、その新テクノロジーを盗み出して、隠せば済むだけ…と考えたようですから、そもそも盗っ人のスコット・ラングに白羽の矢を立てることにしたわけですが、映画の規模のみならず、物語のスケールも大きかった前述の「アベンジャーズ」に対し、言わば強盗映画の小品?!めいた「アントマン」は、マーベル・シネマティック・ユニバースにとって、ちょっと流れのムードを変える気分転換の作品として、次のコミックヒーロー大集合映画「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」(2016年5月6日全米公開)の前のちょうどよい息継ぎになっているように思われます。なので、本当はあまり、アイアンマン雷神ソーキャプテン・アメリカといった、おなじみのヒーローたちを持ち出さないほうがよいのかもしれませんが、「トゥモローランド」が開けた大きな穴を埋めるためには、やむを得ないようですね…。


「イエスマン」(2008年)のペイトン・リード監督がメガホンをとった「アントマン」は、来月7月17日から全米公開!!、共演者として、悪役のイエロージャケットを、「ボーン・レガシー」(2012年)などのコリー・ストールが演じているほか、マイケル・ペーニャ、ジュディ・グリア、ボビー・カナヴェイル、ラッパーのT.I.といった顔ぶれが出演しています!!

The next evolution of the Marvel Cinematic Universe brings a founding member of The Avengers to the big screen for the first time with Marvel Studios’ Ant-Man. Armed with the astonishing ability to shrink in scale but increase in strength, master thief Scott Lang must embrace his inner-hero and help his mentor, Dr. Hank Pym, protect the secret behind his spectacular Ant-Man suit from a new generation of towering threats. Against seemingly insurmountable obstacles, Pym and Lang must plan and pull off a heist that will save the world.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA