**************************************************************************************************


もし、この映画をひと言で言い表すとするなら、“ そりゃあ、自殺の映画だよ!! ” なんて、つい言ってしまうだろうけれど、ぼくは、そうじゃないと言うね。むしろ、生きることを確信する映画なんだ!!







…とのことで、一旦は死を決意し、日本の自殺の名所などと言われる富士の樹海の青木ヶ原に飛び込んでしまったものの、やはり、死に切れない自殺志願者の主人公アーサーを演じるマシュー・マコノヒーがプレス資料で語ってるコメントによれば、そうした映画の真のテーマが、自分自身の “ とにかく生き続けること ” という信念にマッチしていると思い、出演を決めたらしい「シー・オブ・ツリーズ」が、現地で5月13日の本日に開幕した第68回カンヌ国際映画祭のコンペに臨むにあたって、初めて披露してくれた本編シーンです…!!


まさに現在のハリウッドの演技派を代表する顔の2大名優と言えるマシュー・マコノヒーとケン・ワタナベを起用して、富士の樹海からの脱出を目指す異色のサバイバル映画のメガホンをとったのは、「グッド・ウィル・ハンティング」(1997年)や、「ミルク」(2008年)のガス・ヴァン・サント監督。共演者として、マシュー・マコノヒーのアーサーが再会を願う愛妻のジョアンは、サバイバル映画の必見の大傑作「ジ・インポッシブル」(2012年)のナオミ・ワッツです!!、果たして、カンヌのコンペで、どのような結果が出るのか…?!、恐らくは、その受賞の可能性に賭けて、模様眺めということなのでしょうが、配給のライオンズゲートが封切り日を未定にしている「シー・オブ・ツリーズ」には、いったい、どういうオチが待ちかまえているのか…?!、大変に楽しみな作品ですね…!!


It’s love and loss that lead Arthur Brennan, across the world to Japan’s Aokigahara, a mysterious dense forest known as The Sea of Trees lapping the foothills of Japan’s Mount Fuji – a place where people go to contemplate life and death. Arthur enters the depths of the forest and loses himself beyond the guiding ribbons threaded through the trees by many before him. Having found the perfect place to die, Arthur encounters Takumi Nakamura, a Japanese man who also appears to have lost his way. Unable to leave Takumi behind, Arthur invests all of his remaining energy into saving Takumi and returning him to safety. The two men embark on a journey of reflection and survival, which affirms Arthur’s will to live and reconnects him to his love with his wife.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA