**************************************************************************************************


ダニエル・ラドクリフ主演の「ハリポタ」シリーズから引き続き、デヴィッド・イェーツ監督がメガホンをとるスピンオフ映画「幻の動物とその生息地」に主演する予定のエディ・レッドメインは、幸運にも?!、本来は女優ではないケイト・アプトンとの共演が実現するかもしれません…?!




ハリポタ」シリーズが膨大なファンを抱えているだけに、作る前からメガヒット絶対確実!!と目されている話題のスピンオフ映画「幻の動物とその生息地」のヒロインとなる姉妹のキャラクター、ティナとクイニーを演じる女優の人選が着々と進められている状況を、The Wrap の映画ジャーナリスト、ジェフ・スナイダーがレポートしてくれました…!!

ダニエル・ラドクリフのハリー・ポッターが初めて登場した第1弾「賢者の石」(2001年)よりもさらに時代を遡り、同映画から見て約70年前のニューヨークを舞台とする「幻の動物とその生息地」の注目のヒロイン姉妹として、まず妹のティナの候補にあげられているのは…、


文句のつけようがない演技の天才シアーシャ・ローナンちゃんをはじめ、近年は意欲的なインディーズ映画で活躍しているダコタ姉ちゃん、テレビシリーズ「バンシー」のリリー・シモンズ、そして、女優として、テレビシリーズ「トランスペアレント」などに出演していた歌手のアリソン・スドル!!

で、お姉ちゃんのクイニー役の候補はと言えば…、

ポール・トーマス・アンダーソン監督の「インヘアラント・ヴァイス」(2014年)で、演技力を発揮したキャサリン・ウォーターストン、「ザ・グレート・ギャツビー」(2013年)で演技力を披露したエリザベス・デビッキ、そして、現在はコメディ映画の主演作「ザ・レイオーバー」(2016年公開)を撮影中の巨乳で存在感を発揮のケイト・アプトンだそうです…!!


女優として、それぞれ実力が確かなキャサリン・ウォーターストンとエリザベス・デビッキの対抗として、どうして、本来は女優ではなく、巨乳タレントのモデル、ケイト・アプトンの名前があがるのか…?!、製作・配給のワーナー・ブラザースとデヴィッド・イェーツ監督の人選の目論みについて、まっとうな映画ファンの方は思わず、頭を抱えてしまったかもしれませんが、ジェフ・スナイダーによれば、ひとまず名前のあがった女優たちが、けして、最終的な候補者でもなければ、検討されている全員でもないそうなので、意外にもケイト・アプトンが視野に置かれているのは、人気の巨乳を起用!!の話題性に期待して、あくまでも可能性を計っているのかもしれませんね。

さて、以上の女優たちのうちの誰かが、「ハリポタ」のスピンオフ映画のヒロインとして、華々しくスクリーンに登場することになるのか…?!、それとも、現在は水面下の未知の候補が大役を奪いとるのか…?!、ワーナー・ブラザースが、3部作のトリロジーに発展させることを目論んでいる「幻の動物とその生息地」は、今秋から撮影を開始して、約1年後の来年2016年11月18日から全米大ヒットの予定です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA