**************************************************************************************************


世界各国で上映中の「フューリアス 7」の興業成績のトータルが10億ドル突破のビリオンダラー・クラブ入りを、ユニバーサル映画史上初めて達成したばかりか、あろうことか、その大記録を史上最速のわずか3週間で成し遂げてしまった実績から、続編が作られることは誰の目にも明らかの「ワイルド・スピード」シリーズの最新作「フューリアス 8」の全米公開日が決定しました!!





ラスベガスで開催中の映画興業関係者のための新作映画の見本市シネマコンに於いて、ユニバーサル映画が本日(現地4月23日)に行ったプレゼンのステージに登場したヴィン・ディーゼルが直々に発表してくれた「フューリアス 8」の全米公開日は、約2年後の2017年4月14日だそうです…!!


ポール・ウォーカーを抜きで初めて作られる「ワイルド・スピード」のメガホンをとるのは、引き続き、シリーズ史上最大ヒットを達成したジェームズ・ワン監督か、それとも、ジャスティン・リン監督が復帰するのか…?!など、最新作の詳細が気になるところですが、ヴィン・ディーゼルとプロデューサーのニール・モリッツによれば、まずは新たに目指す方向性を決めて、ストーリーを叩き出してから、作り手の監督を決めることになるそうです…!!、なお、再来年2017年4月14日の同日には、スカーレット・ジョハンソン主演のハリウッド版「攻殻機動隊」の実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が封切られることになっていますから、草薙素子にとっては早くもピンチの黄色信号が点灯となり、興行ランキングで初登場の第1位を飾るのは、ほぼ絶望的な感じですね…。


さて、「ワイルド・スピード」の最新作「フューリアス 8」は、次はどんなド派手なアクションを魅せてくれるのか…?!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA