**************************************************************************************************


【Update】: ロケの様子を撮らえたセット・ビデオを追加しました…!!、ライアン・レイノルズのデッドプールが動いている姿を、チラとご覧ください…!!

先週末の金曜日(4月3日)に、ライアン・レイノルズが、主人公のウェイド・ウィルソンに扮して、初めて公けの場に姿を現したセット・フォトを紹介しましたが、やっぱり、デッドプールに変身して登場してほしかった…というのが、コミックヒーロー映画ファンのみなさんの本音だったのではないでしょうか…?!、そうしたアンチ・ヒーローの活躍をこそ観たい…!!という、ファンの期待に応えるべく?!、現地のカナダ・バンクーバーでは今日の4月6日(月)の早朝から行われたロケに、ついにデッドプールが登場し、大暴れをしてくれました…!!






バンクーバーの地元の朝の情報番組、ブレックファスト・テレビジョンと、やはり、ローカルのタウン情報を伝えるサイト、Vancity Buzz とが紹介してくれた「デッドプール」の現地本日4月6日(月)の早朝5時からスタートした撮影の様子のセット・フォトです…!!


幹線道路のひとつである高架のジョージア・バイアダクトを封鎖して独占した新人ティム・ミラー監督が本日、行った撮影は、どうやら、「デッドプール」製作決定のキッカケになったテスト映像で観られたアクション・シーンをあらためて、劇場用映画のスペックで撮りなおすことが目的だったようで、その流出映像で目にしたのと同様に、デッドプールに襲撃されたらしい SUVのクルマが大破して、転がっています…!!



ブレックファスト・テレビジョンのニュースによれば、このジョージア・バイアダクトを舞台にした撮影は、来週木曜日の4月16日まで行われるそうで、その間、連日アサの午前5時から午後の3時まで、交通が一切、遮断されることから、迂回を余儀なくされる市民の生活にも支障を来たしてしまうわけですが…、


Vancity Buzz によれば、「デッドプール」を製作する20世紀FOXは、来月5月28日まで予定されているバンクーバーでの撮影において、約3,800万ドル=約45億3,568万円もの巨額を消費し、延べで1,100名以上の雇用創出につながるため、地元経済への貢献度の大きさを踏まえると、市民のみなさんもちょっとガマンしてくださいよ!!といった事情で、バンクーバー市は、市内での大々的なアクション・シーンの撮影を了承することにしたようです…!!


なお、上 ↑ 下 ↓ の写真のデッドプールのコスチュームの中身は、どうせ、スタントマンでしょ!!と思う人もいるかもしれませんが、現場を取材した各ニュース・ソースによれば、本日は主演のライアン・レイノルズ本人がデッドプールに扮して、スタントに挑み、アンチ・ヒーローぶりを披露してくれたそうです…!!


共演者として、「ホームランド」のモリーナ・バッカリンがヒロインのミュータントのコピーキャットを演じるほか、総合格闘家のジーナ・カラーノジェイソン・ステイサムの後継者として、新トランスポーターに就任したエド・スクレインらが参戦しているスピンオフ映画「デッドプール」は、来年2016年2月12日から全米公開!!、前述のように、まだまだ続く撮影の続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA