**************************************************************************************************


日本のテレビ局のフジテレビが、1993年に放送した「ドラゴンボールZ」のスペシャル・アニメ「絶望への反抗!!、残された超戦士・悟飯とトランクス」を下敷きにして、約70名のボランティアのスタッフが集って、作り上げたファンメイドの実写版ショート・フィルム「ドラゴンボールZ: ライト・オブ・ホープ」をお楽しみください…!!、正味の本編が約12分もある少々、長い作品ですが、日本発の原作だけに、ちゃんと日本語の字幕をつけてくれています…!!








ご覧のような「ドラゴンボールZ」の実写化を目指している RobotUnderdog は、この「ライト・オブ・ホープ」の Web シリーズ化を実現するために、製作費の寄付を募っているので、上 ↑ のサンプルを観て、気に入った「ドラゴンボール」ファンの方は、コチラの RobotUnderdog のサイトを訪問してみてください…!!



In Dragon Ball Z: Light of Hope, Gohan and Trunks fight against the unstoppable Androids #17 and #18 and try to save as many human lives as possible. The young Trunks must grow up quickly and learn from his mentor, Gohan; but with battles to fight on both the outside and inside, how long can they endure, and where will they find a light of hope?







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA