**************************************************************************************************


本編映像をチラ見せした予告編の予告編を昨日、紹介して、告知しておいた「デアデビル」の予告編を、マーベルがリリースしたので、早速、お楽しみください…!!








昼は盲目の弁護士として、法に則って、悪と戦い、夜はヴィジランテのクライム・ファイターに変身して、法で裁けない悪を戒める主人公、マット・マードックの活躍を描いた新ドラマシリーズ「デアデビル」が初公開した予告編です!!、マーベルのヒーローとしては、映画でおなじみのキャプテン・アメリカや、雷神ソーなどと違って、デアデビルは特別なパワーなど持ち合わせていない生身の人間であることからして、ライバルのDCコミックスのバットマンに似てるわけですが、ご覧の初公開された予告編のトーンも、クリス・ノーラン監督の「ザ・ダークナイト」トリロジーに、かなり似ている印象ですね…!!


映画配信サービスの Netflix が、4Kのコンテンツとして、今春4月10日に、同社がビジネス展開をしている世界各地で同時に、全13話の第1シーズンを一気に配信開始する「デアデビル」で、主人公のマット・マードックに起用されたのは、「ザ・セオリー・オブ・エブリスィング」などのチャーリー・コックス。共演者は、ヴィンセント・ドノフリオ(「ジュラシック・ワールド」6月12日全米公開)、ロザリオ・ドーソン(「シン・シティ2」2013年)、デボラ・アン・ウォール(「トゥルー・ブラッド」)、エルデン・ヘンソン(「ザ・ハンガー・ゲームズ: モッキング・ジェイ Part2」11月20日全米公開)、アイェレット・ゾラー(「マン・オブ・スティール」2013年)、そして、名優スコット・グレン(「ザ・ボーン・レガシー」2012年)といった顔ぶれです…!!


さて、マーベルの新たなドラマシリーズ「デアデビル」のイメージが初めて、明らかになったわけですが、CIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!、なお、この「デアデビル」は、仕掛け人のひとりとして、ホラー映画の必見カルト作「ザ・キャビン・イン・ザ・ウッズ」(2012年)のドリュー・ゴダード監督が、製作総指揮に名前を連ね、第1話と第2話の脚本を執筆してくれています。なので、ヒーロー誕生の経緯が描かれる最初の2話だけでも、とりあえず、チェックしてみてもよいかもしれませんね…!!


Blinded as a young boy but imbued with extraordinary senses, Matt Murdock (Charlie Cox) fights against injustice by day as a lawyer, and by night as the Super Hero “Daredevil” in modern day Hell’s Kitchen, New York City. Produced by Marvel Television and ABC Studios, with executive producers Steven S. DeKnight (Spartacus), Jeph Loeb (Marvel’s Agents of S.H.I.E.L.D.) and Drew Goddard (Cabin In The Woods), the series also stars Rosario Dawson, Vincent D’Onofrio, Deborah Ann Woll and Elden Henson.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA