**************************************************************************************************


シリーズ第3弾だから、そのまま単純に「ザ・リング 3」かと思ってたら、「ザ・リングス」だなんて、まるで格闘王の前田日明の映画みたいだなぁ!!と、フライング・ニールキックを食らったような気になった格闘技ファンの方もいらっしゃるかもしれませんが、ホラー映画マニアの人は、「ザ・リングス」とは、ハリウッド版シリーズ第1弾「ザ・リング」(2002年)と、続編の「ザ・リング2」(2005年)の間をつないだショート・フィルムのことだ…!!と気づかれましたよね!!




昨2014年夏の7月に、スペイン出身のF・ハビエル・グティエレス監督が起用されたことをお伝えした人気ホラー映画シリーズの最新作「ザ・リング3」は、実際のところ、本当に作られるのかなぁ…?!と半信半疑だった方もいらっしゃったかと思いますが、どうやら、しっかりとプロジェクトを進めていたらしいパラマウント映画が、呪いのビデオの恐怖に新たに直面する主演女優として、マチルダ・アンナ・イングリッド・ルッツを大抜擢したことを、The Wrap のジェフ・スナイダーがスッパ抜いてくれました…!!

マチルダ・アンナ・イングリッド・ルッツという名前は、ちょっと長いので、通常はマチルダ・ルッツと省略するらしいイタリア・ミラノ出身の23歳の新進女優については、正直なところ、よく知らないのですが、地元のイタリアでは「フォリクラッセ」というテレビシリーズで活躍しているほか、「無用のエルネスト」(2013年)というドラメディ映画が、日本でも昨2014年のイタリア映画祭で上映されているので、彼女の演技をスクリーンで観たことがあるという映画通の方が、CIAリーダーのみなさんの中にも、いらっしゃるかもしれません。


いずれにしろ、あまり知られていないフレッシュな人材を抜擢したパラマウント映画の試みは興味深いかと思いますが、そのマチルダ・ルッツがハリウッド進出で、いきなり主演をつとめる「ザ・リングス」は、どのように物語が展開して、あのサマラがまた登場することになるのか…?!、肝心の気になるプロットについては、まだ伏せられていますが、タイトルが「ザ・リング 3」ではなく、冒頭のように、すでに、下 ↓ の「ザ・リング 1.5」とも言うべきショート・フィルムで使われた題名が再び持ち出されたことからしても、シリーズ最新作「ザ・リングス」と、ジョナサン・リーベスマン監督が、「ザ・リング2」のプロローグとして宣伝用に製作した「ザ・リングス」との間には、何かの共通点があるのかも?!


ザ・リングス」 (ジョナサン・リーベスマン監督・2005年)




…といった次第で、ご覧いただいたように、「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」(2014年)のジョナサン・リーベスマン監督がメガホンをとってくれた、なかなか傑作のショート・フィルム「ザ・リングス」は、サマラの呪いのビデオを見ても、死ぬのは7日めで、それ迄は死なないことから、あえて、その呪いに足を踏み込み、どういった奇妙な体験をするのか…?!、その一部始終をビデオに記録しては、自分が死ぬ前に、また誰か他の者に呪いのビデオを見せて、サマラの憑依を引き継がせていく…といった、わざと呪われて、サマラと接触する恐怖を楽しむことが、ひそかにアングラのサブカルチャーとして流行している…といった設定なわけですが、果たして、この “ リング体験の連鎖 ” の物語が長編映画に拡大されるのか…?!、主演女優が決まったからには、いよいよ本格的に動き出すに違いない「ザ・リングス」の続報に期待しておきましょう…!!


《関連記事》
The Ring 3: サマラが復活!!、鈴木光司原作のハリウッド版「ザ・リング」シリーズ第3弾の製作が決定!!、スペイン出身のF・ハビエル・グティエレス監督を起用!!(14.7.19)







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA