**************************************************************************************************


そもそもは中国がアメリカを侵略する…!!という設定で、映画を作ったのに、中国を悪者に仕立て上げたのでは、ハリウッド映画にとって、今や、大きな市場である中国本土において上映ができないことから、出来上がった映画に、CG で後から手を加えて、侵略者を中国から北朝鮮に変えてしまった…!!という経緯の末、ごく普通に封切られて、ヒットしなかった雷神クリス・ヘムズワース主演のリメイク版「若き勇者たち」の「レッド・ドーン」(2012年)の前例を踏まえると、まったく持って予想外の事態に陥ってしまった問題作?!のバカ映画「ジ・インタビュー」も、こんな風に加工すれば、よいのでは…?!といったパロディです…!!








上 ↑ のパロディの予告編は、本当にあくまでも冗談にしか過ぎない極端な例ですが、ソニー・ピクチャーズは北朝鮮の最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏をぶち殺す「ジ・インタビュー」に対して、同国から不快の念が示され、抗議があった時点で、ひとまず、その不快に対しては、礼儀を持って謝罪をし、例えば、北朝鮮ではない架空の国に舞台を置きかえ、実在の人物ではない創造上の独裁者に変更するなどの譲歩を検討しても、よかったのかも?!


仮りに、そのように手を加えたとしても、冒頭のように、映画ファンは、映画の作り手たちが本当は何を描くつもりだったのかを理解しているので、やむを得ない現実の不都合により叶えられなかった構想と完成品との間のギャップは、観客がそれぞれの想像力で補ってくれたようにも思うのですが…、CIAリーダーのみなさんは、「ジ・インタビュー」に関して、様々な視点から語られる見解のほか、どのようなお考えをお持ちでしょう…?!


《関連記事》
The Billy Files: Sony Attack: バカ映画「ジ・インタビュー」の全米公開中止とか、北朝鮮のサイバーテロとかはもう、わかったけれど、で、実際のところ、ソニピの社内はどんな状況なの…? !(14.12.20)
The Interview : ソニー・ピクチャーズが、オバマ大統領の批判に反論して、態度を翻し、問題の映画「ジ・インタビュー」を公開に踏み切る考えをプレスリリースで公式発表!!(14.12.20)
The Interview : ソニー・ピクチャーズが問題の映画「ジ・インタビュー」を地球上から完全消滅し、テロ事件が終息の兆し ! !、FBIが北朝鮮の犯行と公式声明の一方、オバマ大統領はテロを招いたソニピを批判 ! !、NBCテレビが表現の自由を脅かした北朝鮮に対し、金正恩氏の髪型が変であることを訴え、CBSテレビもハッキングしてみろ!!と挑戦!!(14.12.20)
Paramount Pictures: ソニー・ピクチャーズに続いて、パラマウント映画もテロリストに敗北 ! !、オクラ入りの「ジ・インタビュー」に代わって、「チーム・アメリカ: ワールドポリス」を上映することを禁止 ! !(14.12.19)
Team America:カリスマ映画館のアラモ・ドラフトハウスが、テロリストに大胆不敵な挑戦!!、北朝鮮をおちょくった「ジ・インタビュー」を上映しない代わりに、テロリストと戦うパロディのマリオネット映画「チーム・アメリカ : ワールド・ポリス」のリバイバル上映を決定!!(14.12.18)
Pyongyang: 北朝鮮をおちょくってはいけない!!、ソニー・ショックのあおりを食らって、ゴア・ヴァービンスキー監督が、スティーヴ・カレルを主演に起用するブラック・コメディ「ピョンヤン」が急遽、クランクインを取り止め、製作中止が決定!!(14.12.18)
The Interview : 【速報】 テロの脅威に晒されたソニー・ピクチャーズが、北朝鮮最高指導者の金正恩氏の暗殺を試みるアクション・コメディのバカ映画「ジ・インタビュー」の全米公開の中止を正式に決定!!、VOD のインターネット配信による公開の手段を模索することになった!!(14.12.18)
Sony Hackers: ソニー・ピクチャーズにサイバー攻撃を仕掛けたハッカー集団が、9・11事件を再現するような武力による破壊テロを映画館を標的にして実行する犯行予告の声明を発表!!(14.12.17)
Movie News & Tidbits Part 2 : ガル・ガドット主演のコミックヒーロー映画「ワンダーウーマン」の監督に、女性のミシェル・マクラーレン監督が正式に就任 、観ながら思わず、痛い、痛い!!と言ってしまう、強引にボキッと骨をへし折る骨折の瞬間を集めた激痛コンピレーション・ビデオ、「アバター 伝説の少年アン」の続篇「ザ・レジェンド・オブ・コラ」を実写化したファンメイドのアクション・ショート・フィルム、日本のソニー・ピクチャーズへのミサイル攻撃を懸念したらしいセス・ローゲンとジェームズ・フランコが、北朝鮮最高指導者の金正恩氏は意外にいい奴だ!!という、アクション・コメディのバカ映画「ジ・インタビュー」の新しい予告編をリリース、and more …!!(14.11.25)
The Interview : セス・ローゲンとジェームズ・フランコのコンビが、北朝鮮最高指導者の金正恩氏の暗殺を試みるアクション・コメディのバカ映画「ジ・インタビュー」に対して、北朝鮮側が出したリアクションのコメント!!(14.6.22)
The Interview: セス・ローゲンとジェームズ・フランコのギョーカイ人コンビが、北朝鮮人民を解放するため、金正恩の暗殺を試みるアクション・コメディのバカ映画「ジ・インタビュー」の予告編とポスター!!(14.6.13)







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA