**************************************************************************************************


経済メディアのフォーブスが、今年2014年に出演料などのギャラをもらい過ぎだった俳優たちのワースト・ランキングを発表しました…!!、第1位は、どうして、ソニー・ピクチャーズは、彼が主演のくだらない映画ばかりを作り続けるのか…?!と、かねてより、映画ファンの批判に晒されているアダム・サンドラーが2年連続の不名誉!!、出演料の1ドルあたりに対し、平均して約3.20ドルしか、製作した映画スタジオに返せていないので、その数字だけ見れば、まぁ、1ドルが3.20ドルになったんだから、黒字じゃないか!!となりますが、しかし、出演料以外に映画スタジオが支払った一切合切の経費を含めて考えると、どうやら、アダム・サンドラーの主演作に投資をしても、旨みがない…となるので、SONY の株主の方は要注意ですね…!!、第2位より以下は、続きを読むの後で、ご覧ください…!!


第2位 ジョニー・デップ(1ドルが4.10ドル)

第3位 ベン・スティラー(1ドルが4.80ドル)

第4位 ライアン・レイノルズ(1ドルが4.90ドル)

第5位 トム・ハンクス(1ドルが5.20ドル)

第6位 ウィル・フェレル(1ドルが6.60ドル)

第7位 チャニング・テイタム(1ドルが6.70ドル)

第8位 デンゼル・ワシントン(1ドルが6.90ドル)

第9位 サンドラ・ブロック(1ドルが9ドル)

第10位 ベン・アフレック(1ドルが9.37ドル)

なお、上記のランキングの算出にあたっては、本人が画面に登場せず、声優をつとめただけのアニメ映画や、カメオのチョイ役で出演した作品、また、封切りの公開規模が2,000館以下だった映画は含まれていないため、必ずしも、正確なランキングではありませんから、あくまでも参考程度のデータとお考えください…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA