**************************************************************************************************


ブルー・イズ・ザ・ウォームエスト・カラー」(2013年)のレア・セドゥーが起用されたボンドガールの役どころは、二重スパイの悪女だと憶測されていますから、仮りにその通りに悪役の設定だとして、彼女が単独で動いているのではなく、裏に誰か黒幕がひそんでいた場合、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドがシリーズ最新第24弾で戦う敵のイメージは、つまり、上 ↑ の写真のような感じになりますね…!!




大好評を博した前作「スカイフォール」(2012年)から引き続き、サム・メンデス監督がメガホンをとる007シリーズ最新作の第24弾のキャストとして…、「イングロリアス・バスターズ」(2009年)と「ジャンゴ・アンチェインド」(2012年)の2本のタランティーノ監督の作品で、ともにアカデミー賞の最優秀助演男優賞に選ばれたほか、テリー・ギリアム監督のサイバーパンクのカルト作「ザ・ゼロ・セオラム」(2014年)や、今月末11月26日から全米公開の人気コメディ映画の続篇「ホリブル・ボスズ 2」(↓ 写真)、また、ティム・バートン監督の伝記映画の話題作「ビッグ・アイズ」(北米12月25日限定公開)など、多彩なジャンルで活躍している名優クリストフ・ヴォルツの参戦が正式に決定したことを、イギリスのニュース・メディア、The Daily Mail の記者が、以下のように、Twitter で速報してくれました…!!


クリストフ・ヴォルツが、どのような役柄を演じるのか?!までは、ご覧のように伝えられてないので、もしかすると、ボンドの協力者の味方の可能性だって、ゼロではないでしょうが…、しかし、最新作「ボンド24」の悪役のキャストに関しては、今夏のディズニー・マーベルのコミックヒーロー映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」で、復讐鬼のヒーロー、ドラックスを演じた元プロレスラーのデイブ・バティスタが抜擢された右腕の部下の刺客、ヒンクスの登場こそ明らかになっているものの、その右腕の部下をあやつる肝心のボスを誰が演じるのか…?!は、未だ伝えられていません…。もちろん、冒頭でふれた、レア・セドゥーの悪女?!のボンドガールが、実はメインの悪役?!なのかもしれませんが、それよりは、やはり、クリストフ・ヴォルツが、謎の悪役として登場し、自分自身は手を汚すことなく、ヒンクスや、あるいは、レア・セドゥーにつけた糸を裏で引く黒幕だ…!!と考えるのが自然ではないでしょうか…?!


ボンド24」は、先々月9月末に写真を紹介したように、オーストリアのチロルにセットが着々と作られ、来月12月6日ごろのクランクインを待つ状態となっていますから、恐らくは、その撮影開始に先がけてか、クランクインの当日に、製作・配給のソニー・MGM から正式な映画のタイトルにあわせて、キャストの顔ぶれも発表されるはずです…!!、なので、いずれにしろ、近日中にクリストフ・ヴォルツが演じるキャラクターの素性は判明するはずですから、続報をお楽しみに…!!

ダニエル・クレイグにとって、ついに4本めとなる最新作「ボンド24」は、来年2015年11月6日から全米公開です!!、その他の共演者として、レイフ・ファインズのほか、ボンドに秘密兵器を授ける “ Q ” のベン・ウィショー、ミス・マネーペニーのナオミ・ハリスらのレギュラー・キャストは当然、再登場することになっています…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA