**************************************************************************************************


女性の著者の E・L・ジェイムズが、クリステン・スチュワート主演のヴァンパイア映画シリーズ「トワイライト」のファン小説として、ネット上に発表したものを、オリジナルの小説に書き改めて、書籍の形で、2011年に出版するや、その官能描写が大きな話題となり、たちまち世界中でベストセラーになってしまった「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を映画化したフォーカス・フィーチャーズが、新しい全長版の予告編をリリースしたので、お楽しみください…!!








原作の邦訳本を出版する早川書房の紹介によれば…、
“ 女子大生のアナは、親友の代わりに、巨大企業の若き創業者兼CEOのクリスチャン・グレイをインタビューすることになった。これまで恋の経験のなかったアナだが、ハンサムで謎めいたグレイにひと目で強力に惹かれる。彼が運命の人なの? グレイもアナに好意を持っているのか、彼女の行く先々に姿を見せた。ふたりは急激に近づいていくが、やがて、グレイの倒錯した秘密の顔が明らかに……。 ”


「マイアミ・バイス」や「ナッシュ・ブリッジス」といった刑事ドラマで、かつて人気を博したスター、ドン・ジョンソンの愛娘のダコタ・ジョンソン(「ニード・フォー・スピード」2014年)が、赤裸々な役柄に、文字通り、捨て身で挑戦した話題作「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は、来春2015年2月13日から全米で、愛のバレンタイン・デー・ロードショー!!、問題の官能描写を映像化したのは、「ノーウェアボーイ」(2009年)の女流監督のサム・テイラー=ウッド。ハンサムな億万長者ながら、性的に倒錯したタイトルロールのクリスチャン・グレイを演じているのは、テレビシリーズ「ザ・フォール(警視ステラ・ギブソン)」などのジェイミー・ドーナンです…!!


Fifty Shades of Grey is the hotly anticipated film adaptation of the bestselling book that has become a global phenomenon. Since its release, the “Fifty Shades” trilogy has been translated into 51 languages worldwide and sold more than 100 million copies in e-book and print—making it one of the biggest and fastest-selling book series ever.

Stepping into the roles of Christian Grey and Anastasia Steele, who have become iconic to millions of readers, are Jamie Dornan and Dakota Johnson. Joining Dornan and Johnson in the cast are Luke Grimes as Elliot, Christian’s brother; Victor Rasuk as José, Anastasia’s close friend; Eloise Mumford as Kate, Anastasia’s best friend and roommate; Marcia Gay Harden as Dr. Grace Trevelyan Grey, Christian’s mother; Rita Ora as Mia, Christian’s sister; Max Martini as Taylor, Christian’s bodyguard; Callum Keith Rennie as Ray, Anastasia’s stepfather; Jennifer Ehle as Carla, Anastasia’s mother; and Dylan Neal as Bob, Carla’s husband.

Fifty Shades of Grey is directed by Sam Taylor-Johnson and produced by Michael De Luca and Dana Brunetti alongside E L James, the creator of the series. The screenplay for the film is by Kelly Marcel.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA