**************************************************************************************************


両親を殺されたことで浮浪者になった男が、犯人の出所を知って、復讐を遂げるや、次は自分が復讐のターゲットになってしまう…!!という復讐に次ぐ復讐の復讐映画「ブルー・ルーイン」(↓ 予告編)を、クラウド・ファンディングで一般から製作費を募って、完成し、監督デビューを果たしたところ、映画ジャーナリストから大絶賛されて、同映画が今年2014年公開映画の№1 にまであげられている新進気鋭のジェレミー・ソルニエ監督が第2作めにして、早くも大物のパトリック・スチュワートをキャストに迎えることができた最新作「グリーン・ルーム」が初公開した写真です!!




パンク・バンドの若いロッカーの連中が偶然に、白人至上主義のネオナチ集団による血も凍るような凶行の現場に出くわしてしまったことから、目撃者を殺せ…ッ!!と追ってきたネオナチによって、逃げ場のない辺境に封じ込められ、やむを得ず、返り討ちの戦いに挑まなければならないハメに…ッ!!といったプロットの「グリーン・ルーム」で、パトリック・スチュワートが演じているのは、ダーシー・バンカーという名前の太平洋岸北西部のネオナチのリーダーだそうですから、つまり、ワシントン州、オレゴン州辺りが映画の舞台のようですね…!!


スター・トレック」シリーズのアントン・イェルチン、「ニード・フォー・スピード」(2014年)のイモージェン・プーツ、テレビシリーズ「アレステッド・ディベロプメント」のアリア・ショウカット、「ナウ・イズ・グッド」(2012年)のジョー・コール、「ラギース」が北米で公開中のマーク・ウェバー、「ビギナーズ」(2011年)のカイ・レノックス、「アレクサンダー・アンド・ザ・テリブル、ホリブル、ノー・グッド、ベリィ・バッド・デイ」(2014年)のエリック・エデルスタイン、そして、「ブルー・ルーイン」に主演したマコン・ブレアが引き続き、登場する衝撃作「グリーン・ルーム」は現在撮影中につき、公開日などは未定ですが、来年2015年の様々な映画祭で話題を集めることになるのではないでしょうか!!、温厚なイメージのパトリック・スチュワートが、いったい、どんな鬼畜のネオナチを演じるのか?!、映画の完成が楽しみですね!!


ブルー・ルーイン予告編









【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA