**************************************************************************************************


アメイジング・スパイダーマン」シリーズが暗礁に乗り上げて、半ば終了の事態に陥ってしまったことを、冗談半分に “ シェイリーン・ウッドリーの呪い ” として、出演作がみなヒットする彼女をクビにしたのがコケた原因だ…!!と言う人もいるほど、現在最も絶好調の人気女優のシェイリーン・ウッドリージョーが共演する見込みになりました…!!




「JFK」(1991年)、「ニクソン」(1995年)、「W.」(2008年)の大統領トリロジーや、「ウォール街」シリーズ等で知られる社会派のオリバー・ストーン監督が、昨2013年に世界に衝撃を与えた NSA(国家安全保障局)の元局員エドワード・スノーデン氏による告発事件を映画化する題名未定の新作に、シェイリーン・ウッドリーが主演女優として出演する見込みになったのを、業界メディア THR のタチアナ・シーゲルがレポートしてくれました…!!


先々月9月末に第1報をお伝えしたように、「ザ・ダークナイト・ライズス」(2012年)のジョー・ゴードン=レヴィットが、主人公のエドワード・スノーデンに扮する実話映画は、スノーデン氏の弁護士をつとめるアナトリー・クチェレナ氏の著書「タイム・オブ・ジ・オクトパス」と、ルーク・ハーディング著のノンフィクション「スノーデンファイル: 地球上で最も追われている男の真実」を下敷きにして、問題の告発事件の一部始終を再現する実話映画です…!!


第2弾「インサージェント」(2015年3月20日全米公開)の予告編を先ごろ紹介した「ダイバージェント」シリーズの他、今夏に全世界で圧倒的な共感を集め、あり得ない大ヒットのミラクルを達成した難病モノ恋愛映画の小品「ザ・フォールト・イン・アワ・スターズ」などで、今や、ジェンと並んで無敵のシェイリーン・ウッドリーは、ジョー扮するエドワード・スノーデン氏の恋人を演じるそうなので、社会派映画としてのテーマはさておき、オリバー・ストーン監督の新作は、人気のふたりの共演でも、大きな注目を集めることになりそうですね…!!


なお、オリバー・ストーン監督は、新年2015年1月のクランクインに向けて、現在はドイツで撮影の準備を進めているそうなので、来年になれば、セット・フォトなどを紹介できるかと思います…!!、お楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA