**************************************************************************************************


先週木曜日(9月24日)に、初公開の写真を紹介した記事の中で、メイン・キャストなのに、ファムケ・ヤンセンが演じる元妻レノーアの姿が見られなかったことから、リーアム・ニーソンの戦うお父さん、ブライアン・ミルズに着せられる殺人の濡れ衣というのは、元妻殺しではないか…?!と憶測しましたが、その読みに間違いはなかったようで、配給の20世紀FOXが、「テイクン 3」の物語の展開を明らかにした予告編をリリースしてくれました…!!、また、あわせて、イギリスで、上 ↑ のポスターを公開すると同時に、北米版のポスターも披露してくれました…!!、「Taken 3」を「Tak3n」と書くセンスは引き続き、いただけませんが、カン違いのフレンチ・ポスターと比べれば、ひとまず、マシなデザインとなっています…!!








シリーズの仕掛け人のプロデューサー、リュック・ベッソンが、前作の第2弾(2012年)に引き続き、オリヴィエ・メガトン監督を起用した完結編「テイクン3」が初公開した予告編です…!!、拉致された家族を救うため、リーアム・ニーソン扮する主人公の元CIA、ブライアン・ミルズが孤軍奮闘した前2作とは趣きを変え、戦うお父さんがあろうことか、元妻のレノーアを殺した罪で、ロス市警、FBI、CIA の捜査陣に追われる展開は、まるでハリソン・フォードの代表作「逃亡者」(1993年)をリメイクしたかのようですが…、


その逃亡の最中、元妻を殺した黒幕の真犯人の一味によって、愛娘のキム=マギー・グレイスの命も狙われたことから、ブライアン・ミルズが戦うお父さんの本領のスキルを発揮して、リベンジに打って出る…!!といった辺りから、「テイクン」シリーズらしいアクション映画の醍醐味が炸裂していくことになるようですね…!!


リーアム・ニーソンを執拗に追う捜査官として、「追跡者」(1998年)のトミー・リー・ジョーンズみたいな役どころ?!を演じているらしい、上 ↑ の写真のフォレスト・ウィテカー(「ザ・バトラー」2013年)のほか、「ミッション: インポッシブルⅡ」(2000年)のダグレイ・スコット、「ザ・ハート・ロッカー」(2008年)のサム・スプルエル、そして、レギュラー・キャストとして、前2作から続けて登場するジョン・グリース、リーランド・オーサーらが出演している「テイクン3」は、来年2015年1月9日から全米公開!!、初公開の予告編をご覧になって、CIAリーダーの戦うお父さんファンのみなさんは、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!


Liam Neeson returns as ex-covert operative Bryan Mills, whose reconciliation with his ex-wife is tragically cut short when she is brutally murdered. Consumed with rage, and framed for the crime, he goes on the run to evade the relentless pursuit of the CIA, FBI and the police. For one last time, Mills must use his “particular set of skills,” to track down the real killers, exact his unique brand of justice, and protect the only thing that matters to him now – his daughter.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA