**************************************************************************************************


ティム・バートン監督とコンビを組んだ伝記映画の最新作「ビッグ・アイズ」が、北米で今年末12月25日から限定公開で封切られるイングロリアス・クリストフ・ヴォルツが起用されるのでは…?!と、噂されていた「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン 5」の悪役ですが、実際はシリーズの前作「オン・ストレンジャー・タイズ」(2011年)で、ヒロインに扮したペネロピ・クルスダンナがオファーを受けることになりました…!!



海を舞台にした映画の傑作として、第85回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたノルウェー映画「コン・ティキ」(2012年)で注目を集めたヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリの監督コンビにメガホンが託されたシリーズ第5弾「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン: デッドメン・テル・ノー・テイルズ」の悪役の候補として、記事の見出しで例にあげた「007:スカイフォール」(2012年)のほか、アカデミー賞最優秀助演男優賞にまで選ばれた「ノーカントリー・フォー・オールドメン」(2007年)で、鬼気迫る迫力を実証済みのハビエル・バルデムが打診を受け、話し合いの席に着いたことを、The Wrap のジェフ・スナイダーがスクープし、それが事実であることを、業界ブログ Heat Vision のボリス・キットが確認しました…!!


シリーズ第5弾「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン: デッドメン・テル・ノー・テイルズ」に登場する悪役キャプテン・ブランドは、どうやら、幽霊船長だそうで、自分の兄弟が殺された責任が、ジョニデの海賊ジャック・スパロウにあると考え、復讐を遂げるため、その道具となるスーパーナチュラルなモノを手に入れるべく、暗躍することになるようです!!

果たして、ハビエル・バルデムが実際に幽霊船長を演じるか、どうか?!は、今後の交渉の結果を待つしかありませんが、約5ヵ月間におよぶ撮影のクランクインが来年2015年2月に、オーストラリアで予定されているため、誰が演じるにせよ、近いうちにキャストが決められ、発表の見込みになるものと思われます。また、「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン 5」では、ジャック・スパロウのお相手として、魔女と誤解され、非難を受けることになる科学者のヒロインが登場することになっていますが、現時点では候補の女優の名前はまだ、あげられていません。


共演者として、2003年公開の第1弾から連続して出演しているレギュラー・キャストのジェフリー・ラッシュがまた登場することのみ、ひとまず決まっている「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン: デッドメン・テル・ノー・テイルズ」は、約3年後の2017年7月7日から全米航海!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA