**************************************************************************************************


真夏の盛りの7月末にオファーを受けたホアキン・フェニックス(「インヘアラント・ヴァイス」北米12月12日限定公開)が、返事を散々、保留した挙げ句、辞退してしまった残念なニュースを、先々週末にお伝えしたディズニー・マーベルの新しいコミックヒーロー映画「ドクター・ストレンジ」で、タイトルロールの魔術のヒーローを演じる後任の候補としては…、



マッドマックス:フューリーロード」のトム・ハーディ(2015年5月15日全米暴走)、「ダラス・バイヤーズクラブ」(2013年)のジャレッド・レト、「ジ・イミテーション・ゲーム」(北米11月21日限定公開)の演技で、来春の第87回アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞する可能性が極めて高いベネディクト・カンバーバッチのほか、「ジョン・ウィック」(10月24日全米公開)のキアヌ・リーブスや、タイムトラベル・スリラー「プリデスティネーション」(2014年)のイーサン・ホークらも、噂にあげられていましたが、もしかすると、すでにジェダイの騎士のオビ=ワン・ケノービこと、ユアン・マクレガーに決まってしまったのかもしれない未確認情報を、Badass Digest の映画ジャーナリスト、デヴィン・ファラチが伝えてくれました…!!

昨日、新たな情報筋からの接触を得た…と言うデヴィン・ファラチが、その匿名の情報提供者から聞いたタレコミによれば、ユアン・マクレガーが「ドクター・ストレンジ」の主演に向けて、準備をしている…!!とのことで、デヴィン・ファラチとしては、俳優が自分の狙っている役を獲得するために、オーディションや、売り込みに備えて、キャラクターのリサーチをするなど、予習に励むのは日常茶飯事であることから、情報を鵜呑みにはしなかったものの、念のため、従来から、つき合いのある別の情報提供者に真偽を問い合わせたところ、返ってきた答えは…、


“ マーベルは、彼に目を向けている… ”
…の、ひと言だったそうです。いったい、どれぐらい、ディズニー・マーベルはユアン・マクレガーに目を向けているのか…?!、単に候補のひとりとして、興味があるだけなのか、それとも水面下で交渉に臨むなど、現実に目と目をあわせて、話をしているのか…?!、その目の向け方の程度の度合いによって、状況は大きく変わるため、何とも解釈の難しい返答ですが、いずれにしろ、ユアン・マクレガーが「ドクター・ストレンジ」の主演候補のリストに入っているらしいのは確かのように思えますし、また、そもそもの情報提供者が言うように、実際に役を演じる準備をしているのなら、少なくとも、オビ=ワンはカメラテストを受ける予定があるように考えられるばかりか、ひょっとしたら、すでに内定を得られているのかもしれません…?!


ドクター・ストレンジがいずれは、ディズニー・マーベルのコミックヒーロー映画シリーズにおいて、現在のトニー・スターク=アイアンマンロバート・ダウニー・Jr)に代わるような主軸の存在になる可能性が伝えられている重要なキャラクターであるらしいことを踏まえると、「ビギナーズ」(2010年)や、「ジ・インポッシブル」(2012年)など良質のドラマ映画で、才能を発揮しているユアン・マクレガーは、ホアキン・フェニックスの代役として、まったく申し分のない演技者であるうえ、「スター・ウォーズ」で、アクション場面もこなしてきた実績を加えれば、むしろ、より良い選択かもしれません…?!、なので、ドクター・ストレンジはユアン・マクレガー!!という未確認情報は信ぴょう性が高く、説得力を感じられますが、CIAリーダーのみなさんは、オビ=ワンがマーベル・シネマティック・ユニバースに参戦する可能性について、どのようにお考えになられたでしょう…?!

今夏のオカルト・ホラー映画の話題作「デリバー・アス・フロム・イーブル」などのスコット・デリクソン監督がメガホンをとる「ドクター・ストレンジ」は、来年2015年5月に、ユアン・マクレガーの地元のイギリスでクランクインし、全米公開は翌2016年7月8日の予定です…!!、さて、ドクター・ストレンジは本当にユアン・マクレガーなのか…?!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA