**************************************************************************************************


ライターや万年筆のブランドとして知られるフランスのエス・テー・デュポンではなくて、焦げないフライパンのテフロン加工などを開発したアメリカの科学メーカーのデュポン社を経営する大財閥の名門家に生まれたジョン・エルテール・デュポンが、ロサンゼルス・オリンピック(1984年)のレスリングの金メダル選手にして、友人のデイヴ・シュルツを、1996年1月に突然、射殺した異常な殺人事件の一部始終を、「マネーボール」(2011年)のベネット・ミラー監督が描いた問題作「フォックスキャッチャー」で、マーク・ラファロ扮する被害者の弟のレスリング選手、マーク・シュルツの役を演じたチャニング・テイタムのキャラクター・ポスターを、配給のソニー・ピクチャーズがリリースしました…!!


全米大ヒット中のポリス・コメディ「22 ジャンプ・ストリート」とは正反対に、極めてシリアスな表情のチャニング・テイタムですが、主役の大富豪の殺人犯ジョン・デュポンを怪演したコメディ俳優のスティーヴ・カレル(「40歳の童貞男」2005年)と一緒に、次回アカデミー賞の最優秀主演男優賞と助演男優賞に、それぞれノミネートされるのは必至!!と、大変に高い前評判を集めています…!!、そんな両者の名演技を垣間見るサンプルとして、レスリング・コーチを自任するスティーヴ・カレルの大富豪ジョン・デュポンに呼び出されたチャニング・テイタムのマーク・シュルツ選手が、自分の夢を尋ねられ、オリンピックで金メダルを獲ることだと答えるシーンをご覧ください…!!



レスリングのアメリカ代表チームの公式スポンサーとして、私財を投じ、選手の育成に努めていた大富豪はどうして、自分の手でゴールド・メダリストを殺したのか…?!、問題作「フォックスキャッチャー」は、北米で今秋11月14日から限定公開で封切り!!、コチラで予告編と紹介記事をあわせて、ご覧ください…!!

Based on true events, FOXCATCHER tells the dark and fascinating story of the unlikely and ultimately tragic relationship between an eccentric multi-millionaire and two champion wrestlers.

When Olympic Gold Medal winning wrestler Mark Schultz (Channing Tatum) is invited by wealthy heir John du Pont (Steve Carell) to move on to the du Pont estate and help form a team to train for the 1988 Seoul Olympics at his new state-of-the-art training facility, Schultz jumps at the opportunity, hoping to focus on his training and finally step out of the shadow of his revered brother, Dave (Mark Ruffalo). Driven by hidden needs, du Pont sees backing Schultz’s bid for Gold and the chance to “coach” a world-class wrestling team as an opportunity to gain the elusive respect of his peers and, more importantly, his disapproving mother (Vanessa Redgrave).

Flattered by the attention and entranced by du Pont’s majestic world, Mark comes to see his benefactor as a father figure and grows increasingly dependent on him for approval. Though initially supportive, du Pont’s mercurial personality turns and he begins to lure Mark into an unhealthy lifestyle that threatens to undermine his training. Soon du Pont’s erratic behavior and cruel psychological game-play begin to erode the athlete’s already shaky self-esteem. Meanwhile du Pont becomes fixated on Dave, who exudes the confidence both he and Mark lack, knowing that these are things even his money cannot buy. Fueled by du Pont’s increasing paranoia and alienation from the brothers, the trio is propelled towards a tragedy no one could have foreseen.

FOXCATCHER is a rich and moving story of brotherly love, misguided loyalty and the corruption and emotional bankruptcy that can accompany great power and wealth. As with Academy Award® nominee Bennett Miller’s previous feature films, CAPOTE and MONEYBALL, he explores large themes in society through his complex character portraits of real people.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA