**************************************************************************************************


コミックヒーロー大集合映画の続編「アベンジャーズ2」(2015年5月1日全米公開)が楽しみなアイアンマンロバート・ダウニー・Jr と、「ゴッドファーザー」(1972年)や、「地獄の黙示録」(1979年)といった巨匠コッポラ監督の代表作で存在感を示したほか、最近ではトム・クルーズとチームを組んだ「ジャック・リーチャー」(2012年)で活躍してくれた大ベテランのロバート・デュヴァルという、ダブル・ロバートが父と息子を演じる最新作「ザ・ジャッジ」の新しい写真を、製作・配給のワーナー・ブラザースが、エンタテインメント・ウィークリーを通じて、披露してくれました!!、アイアンマンが演じる主人公の弁護士ハンクが、母の葬儀のため、長らくぶりに帰郷を果たしたところ、ロバート・デュヴァル演じる父で、アルツハイマーを患っている判事のジョセフが殺人の罪で逮捕されてしまう…!!といった発端から…、

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebook と、twitter でお知らせしています。


思いがけず、疎遠にしていた父を弁護することになったハンクが、自分の家族の隠された真実を知ることに…!!といった、物語の大まかなプロットは、昨2013年末に初公開の写真を紹介した時から、もちろん、変わってはいないのですが、その以前の記事では、この「ザ・ジャッジ」をドラメディの笑える映画として紹介しました。それと言うのも、この映画のメガホンをとったのが、「シャンハイ・ナイト」(2003年)や、「ウェディング・クラッシャーズ」(2005年)などの主にコメディ映画を得意とするデヴィッド・ドブキン監督であることから、誰もが当然、笑いを売りにする作品だと思っていたからですが、実はそうではなくて、同監督が言わば、新境地に挑んだ格好となるスリラー・タッチの家族ドラマというのが、「ザ・ジャッジ」の本当のジャンルだそうです!!、果たして、デヴィッド・ドブキン監督がどの程度のシリアスなトーンで、野心作の「ザ・ジャッジ」を仕上げるのか…?!、注目の全米公開は今秋10月10日の予定です…!!



マイケル・ベイ監督がもしも、「ビーバス・アンド・バットヘッドの劇場版をプロデュースしたならば…?!



自らのメガホンによるシリーズ最新作「トランスフォーマー: エイジ・オブ・エクスティンクション」(6月27日全米公開)と、仕掛け人のプロデューサーをつとめた実写版「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」(8月8日全米公開)という、共に今夏全米公開のマイケル・ベイ監督が絡んだ2作品は、どちらも懐かしいアニメの映画化なんだから、爆発大将が次に目をつける懐かしアニメは、MTVで放送された「ビーバス・アンド・バットヘッド」に違いない!!、きっと、「バッドボーイズ」シリーズのアニメ版みたいになるぜ…!!といった、おちょくりのようですね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA