**************************************************************************************************


「猿の惑星」シリーズを製作・配給する20世紀FOXのパブリシストが、そのように、ちょっとおちょくってやれ…!!と意図したのか、どうか…?!はさておき、今夏のサマームービー・ウォーズのライバル映画「トランスフォーマー: エイジ・オブ・エクスティンクション」(6月27日全米公開)が、先月5月半ばにリリースした、オプティマス・プライムがダイノボットのグリムロックに跨って、剣を振りかざしたポスターと大変によく似た構図で、猿軍団の蜂起を扇動するシーザー(アンディ・サーキス)の姿が描かれた「ドーン・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」の新しいポスターです!!


興業対決では恐らく、「トランスフォーマー4」の圧勝で決着となりそうですが、さて、CIAリーダーの皆さんの期待値としては、「ドーン・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」と、爆発大将のマイケル・ベイ監督の新作とでは、いったい、どちらに軍配があげられるでしょう…?!、なお、下 ↓ は、イタリアン発のインターナショナル版のポスターですが、上 ↑ の北米版のポスターに、人間の主演俳優のジェイソン・クラーク(「ターミネーター: ジェネシス」2015年7月1日全米公開)とシーザーの顔が強引に追加されたほか、周囲の猿軍団のイメージも少し猛々しく誇張されていますね…!!


クロエ・モレッツちゃん主演の美少女ヴァンパイア映画「レット・ミー・イン」(2010年)が高評価されたマット・リーヴス監督にメガホンが託された「猿の惑星」シリーズの第2弾「ドーン・オブ・ザ・プラネット・オブ・ジ・エイプス」は、来月7月11日から全米公開!!、その他の出演者は、ゲイリー・オールドマン(「ロボコップ」2014年)、ケリー・ラッセル(「ダーク・スカイズ」2013年)、ジュディ・グリア(「キャリー」2013年)、トビー・ケベル(「プリンス・オブ・ペルシャ」2010年)に、「レット・ミー・イン」から引き続き、起用されたコディ・スミット=マクフィーくんといった顔ぶれです…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA