**************************************************************************************************



主演女優のオリヴィア・マンと彼女の愛犬チャンスの姿が見られたセット・フォトを昨日(2月22日)、B面でご覧いただいた「ザ・プレデター」が、新たに重要な役どころの女優のキャストを追加しました…!!



「アイアンマン 3」(2013年)のシェーン・ブラック監督が今週はじめの月曜日(2月20日)に、カナダのバンクーバーで撮影を開始した「ザ・プレデター」が、テレビシリーズ「チャック」や、「24 : リブ・アナザー・デイ」のほか、アクション・ホラー「アイ、フランケンシュタイン」(2014年)の主演女優をつとめたことなどで知られるイヴォンヌ・ストラホフスキーをキャストに追加したことを、Heat Vision のボリス・キットがレポートしてくれました…!!、彼女が起用された役どころとしては、「部屋」(2015年)に主演した名子役のジェイコブ・トレンブレイくんのお母さん!!とのことで、そのジェイコブくんが…、


ボイド・ホルブルック(「ローガン」3月3日全米公開)が演じる父ちゃんの元海兵隊員の主人公クインのせいで、プレデターとの戦いに巻き込まれてしまうそうですから、幼い息子が危険に晒されてしまったイヴォンヌ・ストラホフスキーは別れた元夫という設定のクインの責任を追及して責めることになるのかもしれません…!!


…といった次第で、肝心のストーリーがほとんど伝えられてこなかった「ザ・プレデター」ですが、子役のジェイコブ・トレンブレイくんの命を守る救出のミッションを、ひとつの見せ場として、元夫婦の葛藤や家族の絆といったテーマが盛り込まれているのかもしれませんね…!!

その他のキャストとして、「ブラック・パンサー」(2018年2月16日全米公開)のスターリング・K・ブラウン、「ムーンライト」(2016年)のトレヴァンテ・ローデス、お笑い芸人のキーガン=マイケル・キーに加えて、「ジョン・ウィック」(2014年)で、キアヌ・リーブスの愛犬を殺して、怒りに火をつけたバカタレを演じたアルフィー・アレンや、元パニッシャーのトーマス・ジェーン(「ミスト」2008年)も登場する「ザ・プレデター」は、来年2018年2月9日から愛の全米バレンタイン・ロードショー!!、イヴォンヌ・ストラホフスキーが起用されたことで、やっぱり、愛についての素敵な感動作だったことがわかったような気がしますね…!!



Follow CIA on



Search in CIA