**************************************************************************************************


来年…と言っても、もう来月には年明けの2017年になれば、撮影の準備が本格的に始まるだけに、新しい「トゥーム・レイダー」の話題が、これから続くことになりそうです…!!





この夏に話題になった「ジェイソン・ボーン」で、CIA のエージェント、ヘザーを演じたオスカー女優のアリシア・ヴィキャンデルが、アンジェリーナ・ジョリーの当たり役に挑む新しい「トゥーム・レイダー」の悪役を演じるべく、ウォルトン・ゴギンズが出演交渉の最終段階に達した…というのは、たいていの場合、あとは弁護士が出演契約書をまとめて、出来上がったものに本人がサインをするだけ…という書面の手続きを待つ状態にまで到ったらしいことを、Variety のジャスティン・クロールがレポートしてくれました…!!


グラインドハウス系のキャスト…と、記事の見出しに書いたように、ウォルトン・ゴギンズは、ロバート・ロドリゲス監督がプロデュースした「プレデターズ」(2010年)や、同監督がメガホンをとった「マチェーテ・キルズ」(2013年)、クエンティン・タランティーノ監督の「ジャンゴ・アンチェインド」(2012年)に、「ザ・ヘイトフル・エイト」(2015年)といった作品で知られている人ですし、上 ↑ の写真のように「アメリカン・ウルトラ」(2015年)でも怪しい悪役を演じていたので、まだ若くて未熟…という設定のララ・クロフトの敵としては、ひとまず申し分なさそうですし、「ザ・ボーン・アイデンティティー」(2002年)にも出演していましたから、アリシアとは「ボーン」つながり?!の間柄とも言えそうです!!、ただし、では実際のところ、どんな悪役を演じるの…?!というのは、もはや、お決まりですが現時点はまだ伏せられていて、わかりません…。


しかしながら、ディザスター映画「ザ・ウェーブ」(2015年)が高評価されて、抜擢を受けたロアー・ウートハウグ監督、つまり、北欧スラッシャー「コールド・プレイ」(2006年)を作った人として知られる同監督は、再来年2018年春の3月16日の全米公開を目指して、来春にはクランクインをするはずですから、その他の共演者の顔ぶれなども追って、伝えられるでしょうし、これから徐々に新しい「トゥーム・レイダー」の映画のイメージがわかってくるかと思います…!!、なお、先月11月末にB面の方で、主演のアリシア・ヴィキャンデルのグラビアにあわせて、お伝えしましたが、プロデューサーのグレアム・キングは、果して生きているのか、それとも、もう死んでしまったのか…?!、父の生死を確かめようとする冒険を経て、ララ・クロフトが成長していく物語として、2013年からスタートした「トゥーム・レイダー」の新しいゲーム・シリーズが下敷きになっているらしいことを語ってくれています…!!、さて、アリシア・ヴィキャンデルは、アンジーを超えられるのか…?!、ワーナー・ブラザースの新しい「トゥーム・レイダー」シリーズの続報をお楽しみに…!!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA