**************************************************************************************************


巷では映画のタイトルにならって、“ エイリアン ” と呼ばれているゼノモーフのものらしきエッグが、まるで花のつぼみが開くように孵化する様子をかいま観せた予告編の予告編を今朝、紹介して、北米で明日のクリスマス=12月25日に本当の予告編が初公開ですよ…!!と告知をしましたが、東海岸のニューヨークで日付けが変わる深夜を過ぎるや否や、“ 明日 ” になったので、20世紀FOX が「エイリアン : コブナント」の予告編をリリースしてくれました…!!







元祖ドラゴン・タトゥーの女のノオミ・ラパスが主演した「プロメテウス」(2012年)のその後…を描く作品だけに、当初は「プロメテウス 2」と呼ばれていたことを思いだすと、えッ?!、これが続篇なの?!と、ちょっと驚いてしまわれた方もいらっしゃるかもしれない第2弾「エイリアン : コブナント」が初公開した予告編です!!、どうして、驚いてしまうのか…?!というのは、プリクエールの前日譚とは言え、「エイリアン」シリーズらしさを欠いていた「プロメテウス」に対して、「コブナント」は「エイリアン」を冠につけただけあって、まさに「エイリアン」!!と実感できるようなイメージが畳みかけられたからですが…、


この続篇の製作発表は、「プロメテウス」が封切られた同年の夏に行われて、2014年か、2015年の公開を目指していたのに、それが2~3年も遅れてしまった経緯を踏まえると、言わば神のようなエイリアンのエンジニアの真意を探ることで、人類の起源と恐ろしいゼノモーフの誕生の謎の両方を解明する…と見なされた展開を大きく軌道修正したことで、タイトルが「プロメテウス」から「エイリアン」に変わり、予告編から受ける印象も、まさに「エイリアン」のようになったものと憶測できそうですね。とすれば、仮りに前日譚の「プロメテウス」シリーズの第2弾ではなく、素直に「エイリアン」シリーズの第5弾として、この「コブナント」を受けとめた場合、リドリー・スコット監督は…、

《関連記事》
Alien: Covenant : 【ネタバレ厳重注意】「エイリアン」シリーズを製作する20世紀FOX が即座に記事の削除要請を出したことで、信ぴょう性が高まったリドリー・スコット監督が撮影中の最新作「コブナント」を観る前に知ってはいけないネタバレ!!(16.6.10)


自分のオリジナル映画や、ジェームズ・キャメロン監督の続篇「エイリアンズ」(1986年)、デヴィッド・フィンチャー監督の「エイリアン 3」(1992年)、そして、ジャン=ピエール・ジュネ監督の「エイリアン : レザレクション」(1997年)を超えるような出来栄えを求められそうだけに、自分で自分を超える?!というような大変な領域に、もろに踏み込む軌道修正をしてしまったようにも考えられますが、果たして、「コブナント」に、それだけの内容があるのか?!と言うと…、


初公開の予告編は、見せ場のシーンや、物語のヒント?!のようなカットをいくつも観せていながら、それらの断片がどう結びついて、ひとつの筋書きになるのか?!、容易には想像できないように、とても巧みにカッティングされているため、おいしい部分をチラ見せはしても、ネタバレはしない!!という大変によく出来た予告編として、高評価ができそうだけに、実際の映画本編にも期待を寄せることができるように思われますが、さて、CIAリーダーのみなさんは、「エイリアン」の冠がついただけに文字通り、「エイリアン」色を増した「プロメテウス 2」の「コブナント」の予告編を観て、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!


公式のプロットでは…、銀河の遥か向こう側を目指して飛び立った植民船コブナントの乗組員たちが、パラダイスと思っていた前人未踏の最果ての惑星にたどり着くが、しかし、そこは唯一の住人として、命運尽きたはずのプロメテウスの探検で生き残ったミヒャエル・ファスベンダーのアンドロイド、デヴィッドが暮らす危険に満ちて、暗黒の世界であった…!!…といった風に紹介されている「エイリアン : コブナント」は、新年2017年5月19日から全米公開!!、当初の同年8月4日の全米公開が、サマーシーズン初期の5月にくり上げられた時に、FOX は、かなり自信があるのでは…?!と憶測しましたが、初公開の予告編の出来栄えからすと、本当に自信があるのかもしれませんね…!!


「プロメテウス 2」から、一旦は「エイリアン : パラダイス・ロスト」になって、最終的に「エイリアン : コブナント」に落ち着いた最新作のキャストは…、前作「プロメテウス」から引き続き、アンドロイドのデヴィッドを演じると同時に、植民船コブナントの乗組員のアンドロイド、ウォルターも同時に演じるひとり二役のミヒャエル・ファスベンダーをはじめ、新しい戦うヒロインのダニエルズのキャサリン・ウォーターストンに、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル、エイミー・サイメッツ、カルメン・イジョゴ、ビリー・クラダップ、そして、ジェームズ・フランコに加えて、やはり前作から続けて、ノオミ・ラパスとガイ・ピアースがチラと登場するそうです…!!



Ridley Scott returns to the universe he created in ALIEN with ALIEN: COVENANT, the second chapter in a prequel trilogy that began with PROMETHEUS — and connects directly to Scott’s 1979 seminal work of science fiction. Bound for a remote planet on the far side of the galaxy, the crew of the colony ship Covenant discovers what they think is an uncharted paradise, but is actually a dark, dangerous world — whose sole inhabitant is the “synthetic” David (Michael Fassbender), survivor of the doomed Prometheus expedition.





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA