広 告
**************************************************************************************************


2000年春に授賞式が開催された第72回アカデミー賞の主要6部門にノミネートされた「ザ・シックス・センス」(1999年)は、オチのドンデン返しのサプライズと、最優秀助演男優賞の候補になった当時11歳の子役ハーレイ・ジョエル・オスメントの愛らしさも話題になって、映画ファンならずとも世間に知らない者はいないような有名な映画になりましたが、その傑作以来、長~いスランプに陥ってしまった…などと冗談半分に言われて、一発屋のように思われていた M・ナイト・シャマラン監督が、ついにまさかの2発めを放った…!!と評されている作品です…!!







X-Men」シリーズの若いほうのプロフェッサー X として知られるジェームズ・マカヴォイが、自分の内面に23人もの交代人格を抱えた解離性同一性障害、つまり、多重人格の誘拐犯の役に挑んだことで話題のホラー・スリラー映画「スプリット」の新しい予告編を、配給のユニバーサル映画がリリースしたので、ご覧ください…!!

お話のあらすじは、予告編をご覧になれば一目瞭然ですが…、


ジェームズ・マカヴォイ扮するケヴィンに監禁されてしまった女性たちが、人格が入れ替わり立ち代りする誘拐犯を相手に、どんな手を使って、脱出しようとするのか…?!が、この映画のサスペンスの軸になる展開を紹介しつつ、それでは一体、何のためにケヴィンは、女性たちを拉致したのか…?!という目的について、やはり、シャマラン監督の「ザ・ハプニング」(2008年)に出演していたベティー・バックリー扮する精神科医フレッチャーが、新たな第24番めの最も恐ろしい人格が誕生する衝撃のクライマックスをほのめかしてくれています…!!


先月9月に全米で公開されたSFスリラー「モーガン」は大失敗でしたが、高評価を博したホラー映画「ザ・ウィッチ」(2016年)で一躍、注目を集めたアニヤ・テイラー=ジョイにとって、第2の代表作になるのかもしれない「スプリット」は、来年2017年1月20日から全米公開!!、誘拐された女性たちの残りの2人は、TVシリーズ「スキンズ」のジェシカ・スラ、「プリティ・リトル・ライアーズ」のスピンオフ「レイヴンズウッド」のヘイリー・ルー・リチャードソンです…!!


While the mental divisions of those with dissociative identity disorder have long fascinated and eluded science, it is believed that some can also manifest unique physical attributes for each personality, a cognitive and physiological prism within a single being.

Though Kevin (James McAvoy) has evidenced 23 personalities to his trusted psychiatrist, Dr. Fletcher (Betty Buckley), there remains one still submerged who is set to materialize and dominate all the others. Compelled to abduct three teenage girls led by the willful, observant Casey (Anya Taylor-Joy, The Witch), Kevin reaches a war for survival among all of those contained within him—as well as everyone around him—as the walls between his compartments shatter apart.





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...