**************************************************************************************************


記事の見出しには、やはり、最新の代表作である「ルーク・ケイジ」を書きましたが、写真でご覧のように、「ザ・ハンガー・ゲームズ : モッキング・ジェイ」2部作(2014年と2015年)のボッグズ大佐が起用されて、モーターボールのアクション・シーンが観られることになりました…!!




木城ゆきとさん作のコミックに惚れ込んだジェームズ・キャメロン監督が、映画化の構想を15年以上も温めながらも、自身は「アバター」シリーズに専念のため、現場のメガホンを友人に託すことにした「銃夢」の映画化「アリタ : バトル・エンジェル」の撮影を今月10月中にスタートするロバート・ロドリゲス監督のファンの方としては、「プレデターズ」(2010年)に登場したシエラレオネの革命統一戦線の兵士、モンバサとあらためて、一緒に仕事をするわけか!!と理解されたことと思われますが…、


前述のマーベルのTVシリーズ「ルーク・ケイジ」の悪役コットンマウスとして注目を集めているマハーシャラ・アリが、言わば格闘レースのモーターボールの仕掛け人、ベクターとして参戦する見込みになったことを、Heat Vision のボリス・キットがレポートしてくれました…!!

26世紀を舞台にして、サイボーグの戦うヒロイン、ガリィ / アリタがバウンティ・ハンターとして活躍する「アリタ : バトル・エンジェル」の具体的なストーリー展開については、まだ伏せられていますが、主人公のアリタに大抜擢をされた「ザ・メイズ・ランナー」シリーズのローサ・サラザールと、そのアリタをスクラップから見つけ出す名優クリストフ・ヴォルツのサイバネティクス医師のドクター・ダイソン・イドのほか…、


悪役の魔角(マカク)らしい?!ジャッキー・アール・ヘイリー(「ロボコップ」2014年)に、同じく悪役のサバンのエド・スクレイン(「デッドプール」2016年)、そして、マハーシャラ・アリのベクターといった顔ぶれが続々と決まってきたことで、いよいよ映画化が現実のものになる実感は高まってきましたね…!!


ロバート・ロドリゲス監督のアジトのテキサス州オースティンのトラブルメーカー・スタジオを製作拠点として、撮影が進められる「アリタ : バトル・エンジェル」は、再来年2018年の夏の話題作として、7月20日から全米公開です…!!






【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA