**************************************************************************************************


ドン・チードル主演の実話の映画化「ホテル・ルワンダ」(2004年)では、1994年に起きたルワンダ虐殺を採りあげたテリー・ジョージ監督が、そこから80年前の過去に歴史をさかのぼって、1914年のアルメニア人虐殺を描いた注目作「ザ・プロミス」の予告編をご覧ください…!!






開催中の第41回トロント国際映画祭で、この週末の日曜日(9月11日)にプレミア上映を行うテリー・ジョージ監督の最新作「ザ・プロミス」が先行して、予告編を披露してくれました…!!、オスカー常連のダークナイトクリスチャン・ベールと、「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジーのポー・ダメロンとして知られるオスカー・アイザックの共に実力派の役者同士の競演が見モノの「ザ・プロミス」は…、


1914年を舞台に、フランスで芸術を学んでいたシャルロット・ル・ボン扮するアナが父を失ったことから、彼女に魅了されていたAP通信のアメリカ人ジャーナリストのクリス=クリスチャン・ベールは、アナのルーツであるオスマン帝国の首都コンスタンティノープル、つまり、現在のトルコの飛んでイスタンブールに赴く取材に、彼女を同伴することにしたのだったが、そこで自分と同じアルメニア人の医学生のミカエル=オスカー・アイザックと出会ったアナは、お互いに共通するものを感じてしまうことに…。


…といった展開から、男女の三角関係のメロドラマかと思いきや、折しも第一次大戦が勃発し、オスマン帝国は同盟国の側につくのですが、かねてより迫害を受けてきた少数民族のアルメニア人のうちには、ここぞとばかり連合国の味方をする者たちが現れ始めたことから、同民族を対象とした虐殺が始まってしまう!!と、深刻な史実をまじえて、アルメニア人のミカエルとアナ、そして、本来は成り行きを取材する立場のジャーナリストのクリスたちが激動に呑み込まれていく姿が描かれるようです…!!

共演者として、ジャン・レノ、ジェームズ・クロムウェル、ダニエル・ヒメネス・カチョ、ショーレ・アグダシュルー、アンジェラ・サラフィアンらが出演している「ザ・プロミス」の公開日は未定ですが、クリスチャン・ベールが主演したともなれば、容易にオスカー候補にも成り得そうなので、この週末のプレミア上映の結果次第によって、封切りが決まることになりそうですね…!!

Michael, a humble Armenian apothecary, leaves his village to study medicine in cosmopolitan Constantinople. Chris, an American photojournalist who has come to the country to partly cover the geopolitics, is in a relationship with the talented Ana, a Paris-educated, Armenian artist. When Michael meets Ana, their shared heritage sparks an attraction that explodes into a romantic rivalry between the two men. After the Turks join the war on the German side, the Ottoman Empire turns violently against its own ethnic minorities. Despite their conflicts, everyone must find a way to survive — even as monumental events envelope their lives.





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA