**************************************************************************************************


1939年5月に、ディテクティブ・コミックスの第27巻で、バットマンが初登場をして以来の節目となる75周年めを迎えた一昨年の2014年に、DCコミックスが設けることにした “ バットマンの日 ” が、今年2016年は北米で今日の9月17日(土)であることから、ダークナイトを讃えるお祝いとして、ザック・スナイダー監督が、ご覧のように自分の写真を披露してくれました…!!と、これだけでは何だか、ザック・スナイダー監督がナルシストのカン違いの人みたいになってしまうので、あわせて、現在撮影中の「ジャスティス・リーグ」に登場するゴッサム市警の新しいゴードン本部長の姿を初公開してくれました…!!、続きを読むのあとで早速、写真をご覧下さい…!!


アカデミー賞の最優秀助演男優賞に選ばれた「ウィップラッシュ」(2014年)のダミアン・チャゼル監督と再び組んで、エマ・ストーンと共演したミュージカル映画の傑作「ラ・ラ・ランド」が、北米で年末の12月2日に限定公開で封切られるJ・K・シモンズが、ゴッサム市警のゴードン本部長に扮した姿です…!!と言っても、ご覧のバット・シグナルの方が明らかに目立っている写真では、実際のところ、「ザ・ダークナイト」トリロジーで同役を演じたゲイリー・オールドマンとは、どうイメージが違うのか?!、観比べようと思っても、写真が暗すぎて困難ですが、この「ジャスティス・リーグ」では、J・K・シモンズのゴードン本部長の出番は少なく、キャラクターを観客に紹介する程度にとどめられ、ダークナイトベン・アフレック監督が自らメガホンをとる単独主演作「ザ・バットマン」から本格的に活躍するそうです…!!


コミックヒーロー映画ファンのみなさんにとっては、サム・ライミ監督の旧「スパイダーマン」トリロジーに登場した新聞社デイリー・ビューグルの傲慢な編集長のJ・ジョナ・ジェイムソンのイメージが強いに違いない名優 J・K・シモンズが、ゴードン本部長も自分の当たり役にしてしまうのか…?!も楽しみな「ジャスティス・リーグ」は、来年2017年11月17日から全米公開!!、ベン・アフレック監督が単独主演する「ザ・バットマン」は再来年2018年10月5日全米公開だろうと思われています…!!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA