**************************************************************************************************


SF映画の代名詞が、SM映画に完敗!!という、まさかの事態ですが、そのように、SFよりもSM!!と言ってしまえば、人類みな変態?!みたいで、世も末のような感じですね…!!(苦笑)







CIA でも、今週の水曜日(9月14日)に、イチ早く紹介をした官能恋愛映画の第2弾「フィフティ・シェイズ・ダーカー」の予告編は残念ながら、エッチな映画よりも、コミックヒーローや、SFアクションの映画の方がお好みという真面目な CIA リーダーのみなさんには、あまり関心を持っては頂けませんでしたが、俗世間のみなさんは、そうではなかったらしく、初公開から24時間のうちのネット上での視聴回数が、約1億1,400万回を突破し、あろうことか…、


スター・ウォーズ: ザ・フォース・アウェイクンズ」(2015年)が叩きだした約1億1,200万回の大記録を超えて、24時間のうちに最も観られた予告編の歴代トップの女王さまの座に、ダコタ・ジョンソンが君臨したことを製作・配給のユニバーサル映画がプレス発表しました!!

その約1億1,400万回のうち、約3,940万回が本国の北米で予告編が再生された「フィフティ・シェイズ・ダーカー」が、まさかの「スター・ウォーズ」超えまで果した実績を真に受ければ、全世界の興業のトータルで20億ドル以上の超巨額を売り上げた「エピソード 7」以上の歴史的メガヒットになっても、おかしくはないはずですが、まぁ、そんなことはまず、あり得ないでしょうから、 CIA リーダーのみなさんは例外?!として、全世界の誰もが本能の命じるまま?!、思わず、予告編の再生ボタンを押してしまった…!!と呆れるしかありませんね…!!


SFよりもSM!!の官能恋愛映画「フィフティ・シェイズ・ダーカー」は、来年2017年2月10日から愛の全米バレンタイン・ロードショー!!、続く完結編の「フィフティ・シェイズ・フリード」は再来年2018年の2月9日から、愛の全米バレンタイン・ロードショーの予定です…!!、ダコタ・ジョンソンにフォースのご加護があらんことを…!!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA