**************************************************************************************************


過去の名作映画や、忘れ去られてしまった傑作などを掘り起こして、再び映画館に送り出すことを主な生業にしてるイギリスの映画配給会社のパーク・サーカスが…、







ロバート・デ・ニーロと名匠マーティン・スコセッシ監督のコンビが、ポール・シュレイダーの執筆した脚本を映画化したカルト作の「タクシー・ドライバー」が、1976年に初公開されてから今年2016年で、ちょうど40周年!!になるのを記念して、世界各地で行うリバイバル上映のために製作した新しい予告編です…!!


まずは今月8月中にオーストリアや、スイスといったヨーロッパでの上映のあと、南米とオーストラリアを巡り、地元のイギリスでは来年2017年のリバイバルを予定しているそうです!!、ベトナム戦争の後遺症を引きずっていた当時の世相を色濃く感じさせる「タクシー・ドライバー」と、コミックヒーローたちの活躍が主流の現在の映画を比較すると、あらためて隔世の感を思わずにもいられませんが、ただ社会の片隅で、何らかの事情で孤独に陥って、心に病みを抱えてしまう人というのは、昔も今も変わらずに在り続けるでしょうから、そうした永遠のテーマを描き切ったことで、この映画はいつまでも、きっと色あせないのかもしれませんね。


An alienated, battle-scarred loner embarks on a mission of misguided revenge in the seedy underbelly of night-time Manhattan.

Swathed in biblical allusion, Martin Scorsese’s seminal Vietnam vet freak-out movie made a star of Robert De Niro and improbably turned Calvinist screenwriter Paul Schrader into the hottest screenwriter in America for a short time. It received four Academy Award nominations (including Best Picture) and won the Golden Palm Award at the Cannes Film Festival. “You talkin’ to me?”







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA