**************************************************************************************************


USA Today のブライアン・アレクサンダー記者の取材に応じたハル・ベリーのコメントによれば…、
“ そう、そこが私がアーノルド・シュワルツェネッガーと化す見せ場なのよ…!! ”
…とのことで、 ビリー・ボブ・ソーントンや故ヒース・レジャーと共演したマーク・フォースター監督のドラマ映画の傑作「モンスター'ズ・ボール(チョコレート)」で、アカデミー賞の最優秀主演女優賞に選ばれた実力を持つハル・ベリーが、アーノルド・シュワルツェネッガー化?!、それとも、誘拐ネタの映画だけに、「テイクン」トリロジーのリーアム・ニーソン化?!してしまう「キッドナップ」の予告編をお楽しみください…!!







バイオレンスの鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督の同名代表作(1996年)をリメイクした「プッシャー」(2012年)で知られるスペイン出身のルイス・プリエト監督の最新作「キッドナップ」の予告編を、配給のレラティビティが初公開してくれました…!!、ハル・ベリーにとっては、2013年公開の「ザ・コール」以来となる主演作「キッドナップ」は、つまり、拉致されるのがアビゲイル・ブレスリンちゃんから、子役のセージ・コレア君が演じる息子に代わったみたいなものか…などと思ってしまった映画ファンの方もきっと、いらっしゃるに違いないように、また誘拐犯と対決するお話です…!!


で、その映画のどこが、アーノルド・シュワルツェネッガーと化す見せ場なんですか…?!と、冒頭のコメントの続きが気になるかもしれませんが、予告編のクライマックスの約2分9秒めのところで、どうやら、わが子を誘拐した犯人を、ついに追いつめたらしいハル・ベリーがショベルを手にして、“ あんたは、さらう子どもを間違えたんだよ!! ” と、決めのセリフを放って、天誅の一撃を食らわすところだそうです…!!


…と書いてしまえば、何だか、もう実際の映画の本編は観なくてもいいような気になってしまいそうなほど、予告編で中身を明らかにしてしまっているのかもしれませんが、そもそも身構えて観るような映画でもなく、大人の方は気楽にビールでも呑みながら観るのに、ちょうどよさそうなB級タッチのアクション・スリラーですから、当初はふつうのやさしいママのハル・ベリーだったのが、状況がエスカレートするにつれて、次第に戦うお母さんへと変貌していく様を眺めて、楽しめばよいのではないでしょうか…!!


記事の見出しで、例にあげた「X-Men」シリーズでのストームこと、オロロ・マンロー役のほかに、ワーナー・DCの「キャットウーマン」(2004年)に単独主演していることや、「007 : ダイ・アナザー・デイ」(2002年)の魅惑のボンドガールのジンクスだった実績を踏まえると、もっと活躍していても、おかしくないハル・ベリーの最新主演作「キッドナップ」は、今年末12月2月から全米で公開!!、また、ハル・ベリーは来年の夏には、マシュー・ヴォーン監督の求めに応じて、アメリカの秘密組織 “ ステイツマン ” の女リーダー、ジンジャーの役を演じた人気スパイ・アクション映画の第2弾「キングスマン : ザ・ゴールデン・サークル」(2017年6月17日全米公開)も封切られるので、あらためて、今から彼女に注目をしておいてもよいかもしれませんね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA