**************************************************************************************************


「ハリポタ」のスピンオフ映画「幻の動物とその生息地」が、今秋11月18日から全米公開のエズラ・ミラーが超高速ヒーローに扮して、単独で主演するのではなくて、舞台でキャリアを培ったレイ・フィッシャーが大抜擢されたヒーローのサイボーグとタッグを組み、ふたりのヒーローが力をあわせるバディ・ムービーになるらしい映画版の「ザ・フラッシュ」の主演女優の候補の名前が伝えられました…!!



「高慢と偏見とゾンビ」(2016年)の原作者セス・グレアム=スミスが映画監督デビューを見送って、今春に降板した後を引き継ぐ後任として、青春映画「ドープ」(2015年)が大絶賛されて一躍、注目を集めたリック・ファミュイワ監督の起用が先月6月に決定した経緯を踏まえると、つまり、そのファレル・ウィリアムスがプロデュースした映画の主演女優と連続して、チームを組むわけか…!!と、あまり驚きのない人選と思われてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ワーナー・ブラザースのDC・シネマティック・ユニバースの第6弾めになる予定の映画版「ザ・フラッシュ」のヒロインに、キーアージー・クレモンズの名前が筆頭候補にあがっていることを、Variety のジャスティン・クロールが独占スクープで伝えたのに対して…、


ライバルのTHR のボリス・キットが、それは誤解を誘うニュースだ…とばかりに、キーアージー・クレモンズは、あくまでも、複数の候補のうちのひとりでしかなく、ボクシング映画「サウスポー」(2015年)に出演していた歌手のリタ・オラや、ジョン・カーニー監督の「シング・ストリート」(2016年)で存在感を発揮したルーシー・ボイントンらの起用も検討されている!!と、待った!!をかけてくれました…!!


よって、「ネイバーズ 2: ソロリティ・ライジング」(2016年)での共演をキッカケに、クロエ・モレッツちゃんの親友のひとりになり、モレッツ家の家族旅行にまで一緒に出かけていたキーアージー・クレモンズが、「ザ・フラッシュ」のヒロインをつとめるのか、どうか…?!は、現時点では、まだ何とも言えませんが、予定されているヒロインの役どころとしては、グラント・ガスティン主演のテレビシリーズでは、キャンディス・パットンが演じているアイリス・ウェストだそうですから、白人のルーシー・ボイントンが起用される可能性は低いかな…?!といった感じはしないでもありません…。


いずれにしろ、現在はザック・スナイダー監督のメガホンで、コミックヒーロー大集合映画の「ジャスティス・リーグ」(2017年11月17日全米公開)を撮影中のエズラ・ミラーは、今年2016年中に「ザ・フラッシュ」をクランクインすることになっていますから、追って、近いうちに続報が伝えられることになると思われます!!、ただし、映画の全米公開は、再来年の2018年の予定なので、まだまだ先のことです…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA