**************************************************************************************************


ロバート・ロドリゲス監督の「マチェーテ」(2010年)の中で、ジェシカ・アルバが大胆に素っ裸になっていたシャワー・シーンは、現場では身に着けていた水着を CG で消して、胸とお尻を描いたフェイクだったのは有名ですね…!!







全米では、ついに1週間後の8月5日に封切られる悪のコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」で、マーゴット・ロビーが演じているハーレー・クインのコスチュームのホットパンツから垣間見えるお尻についての疑惑を、イギリスのオタク・カルチャー・サイト Bleeding Cool が指摘してくれた動画です!!、当初の予告編では、ハーレー・クインのお尻は、まぁ、ほぼ隠れていたと言えるのに、先週末のサンディエゴ・コミック・コンで披露された新しい予告編では、お尻が半分近くまで見えている…!!といった次第で、同サイトとしては…、


映画をヒットさせたいワーナー・ブラザースが、最も人気のキャラクターのハーレー・クインの魅力を増して、オタク男子にアピールするため、CG でホットパンツの丈を短くして、デジタル的にお尻の露出を増やしたのではないか?!と言いたいわけですが、この Bleeding Cool の重要な問題提起について、Screen Rant の H・ショウ・ウィリアムズは、ホットパンツが CG で加工されたのは間違いなく事実だが、 Bleeding Cool は正反対のことを言っている…!!と逆に指摘し、ワーナー・ブラザースは、テレビで放送するなどの公けの機会で使用する「スーサイド・スクワッド」の予告編や動画、TV スポットでは自主規制し、マーゴット・ロビーのお尻を隠しているんだ!!と述べています!!


…と、つまり、ホットパンツの丈は、CG によって短くされたのか?!、それとも長くなったのか?!、言いかえれば、ハーレー・クインの男性ファンが目にして、よろこんでいるマーゴット・ロビーのお尻はホンモノの生か、どうか…?!という疑問なわけですが、ぼくはもちろん、賢明なCIAリーダーのみなさんも正解をご存知のはずですよね…!!、えッ?!、自分にはマーゴット・ロビーのお尻が生でホンモノか、どうか?!、実際のホットパンツの現物の露出度がわからない…!!という方は、コチラで正解の写真をご覧ください…!!


From director David Ayer (“Fury,” “End of Watch”) comes “Suicide Squad,” starring Oscar nominee Will Smith (“Ali,” “The Pursuit of Happyness”), Oscar winner Jared Leto (“Dallas Buyers Club”), Margot Robbie (“The Wolf of Wall Street,” “Focus”), Joel Kinnaman (Netflix’s “House of Cards”) and Oscar nominee Viola Davis (“The Help,” “Doubt”).

It feels good to be bad… Assemble a team of the world’s most dangerous, incarcerated Super Villains, provide them with the most powerful arsenal at the government’s disposal, and send them off on a mission to defeat an enigmatic, insuperable entity. U.S. intelligence officer Amanda Waller has determined only a secretly convened group of disparate, despicable individuals with next to nothing to lose will do. However, once they realize they weren’t picked to succeed but chosen for their patent culpability when they inevitably fail, will the Suicide Squad resolve to die trying, or decide it’s every man for himself?

Written and directed by Ayer based on the characters from DC Comics, the film also stars Jai Courtney (“Insurgent”), Jay Hernandez (“Takers”), Adewale Akinnuoye-Agbaje (“Thor: The Dark World”), Ike Barinholtz (“Neighbors”), Scott Eastwood (“Fury”), Cara Delevingne (“Paper Towns”), Adam Beach (“Cowboys & Aliens”), and Karen Fukuhara in her feature film debut. It is produced by Charles Roven and Richard Suckle, with Zack Snyder, Deborah Snyder, Colin Wilson and Geoff Johns serving as executive producers.

Ayer’s behind-the-scenes creative team includes director of photography Roman Vasyanov (“Fury,” “End of Watch”), production designer Oliver Scholl (“Edge of Tomorrow”), editor John Gilroy (“Pacific Rim”), costume designer Kate Hawley (“The Hobbit” Trilogy) and Oscar-nominated visual effects supervisor Jerome Chen (“Stuart Little,” “Fury,” “The Amazing Spider-Man” films). The music is by Oscar-winning composer Steven Price (“Gravity”).







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA