**************************************************************************************************


もう2年近く前の2014年9月に、「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年)が初公開したバットモービルの写真や、昨2015年秋に紹介したベン・アフレック監督のダークナイトのポートレートなどで、ザック・スナイダー監督の映画のクールなイメージを創りあげるのに一役買っている写真家として、常連のCIAリーダーの皆さんは名前を覚えてくれてるかもしれないクレイ・イーノスが披露してくれた、これから戦闘シーンに臨む直前の福原かれんちゃんのカタナのポートレートです…!!、続きを読むの後で、「スーサイド・スクワッド」のセットを訪れたクレイ・イーノスが撮影したセット・フォトをさらにご覧ください…!!





字幕の文字から判断して、北欧のフィンランドでリリースされたものと思われますが、悪のコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」の新しい予告編です!!と言っても、内容としては、今春4月はじめに披露された約2分半の全長版の予告編の尺を詰めて、短めの約1分半にまとめ直したにすぎませんが、コンパクトに観やすくなっているので、あらためて、お楽しみください…!!


以下 ↓ は、ハーレー・クインの新しい写真を含めて、クレイ・イーノスがエンタテインメント・ウィークリーを通じて、リリースしてくれた「スーサイド・スクワッド」のセット・フォトです…!!


上 ↑ のマーゴット・ロビーハーレー・クインのトレードマークのようになっている武器のバットは、下 ↓ の写真のように、1ダースの12本が用意されていたようです…!!、写真をクリックで拡大して、ご覧いただくと、かなりディテールにこだわって、しっかりと仕上げられたことがおわかりになるかと思います…!!



上 ↑ は、ジャレッド・レトジョーカーのために用意された小道具のジョーカー!!、そして、下 ↓ は、そのジョーカーが御自慢の武器コレクションに囲まれ、危険な悪の魅力の雰囲気にひたっているデヴィッド・エアー監督(「フューリー」2014年)です…!!


スーパーマンのような無限大の力を持つエイリアンが、さらに地球に現れて、暴れ出したら、それを一体、誰がとめることができるのか…?!、そんな常識を超えた存在を相手にするなら、こっちも非常識な連中を出すしかないじゃないか…!!といった発想で、悪人どもが招集された特攻部隊のタスクフォース X の活躍を描いた悪のコミックヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」は、来月8月5日から全米公開!!、ベン・アフレック監督のダークナイトガル・ガドットワンダーウーマンが、ほかのヒーローを探し集めて、無敵の戦隊を結成しようとする過程を描くコミックヒーロー映画版「七人の侍」?!の「ジャスティス・リーグ」(2017年11月17日全米公開)とは、集められるキャラの善悪が違うだけで、根本の発想は似ていますから、姉妹映画?!として、比較してみる楽しみ方もできそうですね…!!

From director David Ayer (“Fury,” “End of Watch”) comes “Suicide Squad,” starring Oscar nominee Will Smith (“Ali,” “The Pursuit of Happyness”), Oscar winner Jared Leto (“Dallas Buyers Club”), Margot Robbie (“The Wolf of Wall Street,” “Focus”), Joel Kinnaman (Netflix’s “House of Cards”) and Oscar nominee Viola Davis (“The Help,” “Doubt”).

It feels good to be bad… Assemble a team of the world’s most dangerous, incarcerated Super Villains, provide them with the most powerful arsenal at the government’s disposal, and send them off on a mission to defeat an enigmatic, insuperable entity. U.S. intelligence officer Amanda Waller has determined only a secretly convened group of disparate, despicable individuals with next to nothing to lose will do. However, once they realize they weren’t picked to succeed but chosen for their patent culpability when they inevitably fail, will the Suicide Squad resolve to die trying, or decide it’s every man for himself?

Written and directed by Ayer based on the characters from DC Comics, the film also stars Jai Courtney (“Insurgent”), Jay Hernandez (“Takers”), Adewale Akinnuoye-Agbaje (“Thor: The Dark World”), Ike Barinholtz (“Neighbors”), Scott Eastwood (“Fury”), Cara Delevingne (“Paper Towns”), Adam Beach (“Cowboys & Aliens”), and Karen Fukuhara in her feature film debut. It is produced by Charles Roven and Richard Suckle, with Zack Snyder, Deborah Snyder, Colin Wilson and Geoff Johns serving as executive producers.

Ayer’s behind-the-scenes creative team includes director of photography Roman Vasyanov (“Fury,” “End of Watch”), production designer Oliver Scholl (“Edge of Tomorrow”), editor John Gilroy (“Pacific Rim”), costume designer Kate Hawley (“The Hobbit” Trilogy) and Oscar-nominated visual effects supervisor Jerome Chen (“Stuart Little,” “Fury,” “The Amazing Spider-Man” films). The music is by Oscar-winning composer Steven Price (“Gravity”).







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA