**************************************************************************************************


高評を博した前作「ブリッジ・オブ・スパイズ」(2015年)で、オスカー最優秀助演男優賞に選ばれたマーク・ライランスと引き続き、コンビを組み、故ロアルド・ダールの同名児童文学を映画化した「The BFG」が、全米で明日の7月1日(金)に封切られるスティーヴン・スピルバーグ監督が、アニメ映画「タンタンの冒険」(2011年)でコラボしたピーター・ジャクソン監督の地元ニュージーランドの Time Out の取材に応じたコメントによれば…、


“ ピーターは「ザ・ホビット」で手一杯だったからね、「タンタン」 とは距離を置くしかなかったんだけれど、今は僕の会社のために、別の映画の仕事を進めてるんだ。それが何の映画か?!は秘密だよ。まだ誰も知らないんだ。それを完成し終えたら、彼はようやく、「タンタン」を手がけることになる。”


…とのことで、もう1年半も前の2014年末に封切られた「ザ・ホビット」トリロジーの完結編「ザ・バトル・オブ・ザ・ファイブ・アーミーズ」のあと、ピーター・ジャクソン監督は何をやっているのか…?!、気になっていたファンの方は少なくないかと思いますが、しばらく休養をとったあと、スピルバーグ監督の会社=アンブリンが製作する新作映画のプロジェクトに、とっくに着手して、水面下で動き出していたばかりか、第1作めだけでおしまい?!と思われた「タンタン」の続篇についても、予定より遅れたとは言え、ちゃんと作るつもりであることが明らかにされました…!!


当初に予定されたギレルモ・デル・トロ監督に代わって、超大作の「ザ・ホビット」トリロジーのメガホンをとったことで、次は気楽に作れる小品にしたい…というのが、ピーター・ジャクソン監督の希望だったはずですが、しかし、スピルバーグ監督との新たなコラボともなれば、エンタテインメントなブロックバスター映画の可能性も否めないですね!!、さて、ピーター・ジャクソン監督は、スピルバーグ監督のもとで、どんな映画の準備の作業を進めているのか…?!、CIAリーダーのみなさんは、どのような期待の予想をお持ちになられたでしょう…?! (via: New Zealand Herald








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA