**************************************************************************************************


1906年4月18日に発生したサンフランシスコ大地震をキッカケにして創業されたので、実に110年間もの長い歴史を持ち、現在は世界各国にビジネスを拡げている不動産会社のコールドウエル・バンカーが、X-Men たちの住まいであり、若いミュータントたちの学び舎の “ 恵まれし子らの学園 ” として知られる X-マンションを紹介してくれたプロモーション・ビデオをお楽しみください…!!と書けば…、







こうした企業とタイアップした商売っ気の見える CM ではなくて、もっと映画の世界にひたれるもの観せてほしい…というファンの方もいらっしゃるかもしれませんが、イギリスの映倫にあたるブリティッシュ・ボード・オブ・フィルム・クラシフィケーションの発表によれば、20世紀FOX から提出された約2分33秒の「X-Men:アポカリプス」の予告編の内容を審査した結果、年齢による視聴制限を、12歳以上の視聴が好ましいという “ 12A ” にカテゴリーしたそうですから、恐らくは最終版になるに違いない新しい予告編を近日中に観られることになりそうです…!!


「スター・ウォーズ」のポー・ダメロンとして知られるオスカー・アイザックが演じる元祖ミュータントのアポカリプスこと、エン・サバー・ヌールが復活し、今ある文明を滅ぼして、新たな世界を創ろうとする世直し?!を、ジェンのレイヴン・ダーク ホルムと若いミュータントたちが食い止めようとする「X-Men:アポカリプス」は来月5月27日から全米公開!!



主な出演者として、アポカリプスに従う悪の四騎士を演じたのは、おなじみのミヒャエル・ファスベンダーはじめ、アレクサンドラ・シップ、ベン・ハーディ、オリヴィア・マン。期待の若いミュータントたちは、ソフィー・ターナーに、タイ・シェリダン、コディ・スミット=マクフィー、ラナ・コンドルちゃんといった顔ぶれですが、その他に当然、ジェームズ・マカヴォイが登場するのに加えて、ニコラス・ホルト、エヴァン・ピーターズらも参戦しています…!!、「X-Men」シリーズの続報と「アポカリプス」の新しい予告編をお楽しみに…!!



Following the critically acclaimed global smash hit X-Men: Days of Future Past, director Bryan Singer returns with X-MEN: APOCALYPSE. Since the dawn of civilization, he was worshipped as a god. Apocalypse, the first and most powerful mutant from Marvel’s X-Men universe, amassed the powers of many other mutants, becoming immortal and invincible. Upon awakening after thousands of years, he is disillusioned with the world as he finds it and recruits a team of powerful mutants, including a disheartened Magneto (Michael Fassbender), to cleanse mankind and create a new world order, over which he will reign. As the fate of the Earth hangs in the balance, Raven (Jennifer Lawrence) with the help of Professor X (James McAvoy) must lead a team of young X-Men to stop their greatest nemesis and save mankind from complete destruction.








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA