**************************************************************************************************


来月5月11日開幕の第69回カンヌ国際映画祭でのプレミア上映に先がけ、配給の Amazon が、エルたん最新作「ザ・ネオン・デーモン」の予告編を披露してくれたので、早速、ご覧ください…!!





ライアン・ゴズリングが主演した「ドライヴ」(2011年)や、「オンリー・ゴッド・フォーギヴス」(2013年)といった主に男性を主人公にしたバイオレンス映画で知られるデンマーク出身の鬼才ニコラス・ウィンディング・レフン監督が意表を突いて?!、ハリウッドを代表する可憐な美少女エルたんとコンビを組んだホラー・スリラー映画の衝撃作「ザ・ネオン・デーモン」が初公開した予告編です…!!


映画監督の夫が準備不充分のまま、「オンリー・ゴッド・フォーギヴス」の撮影に突入したことで、自分でも何を作っているのか?!がわからなくなり、精神的に壊れていく様子を最も身近な立場から記録したドキュメンタリー「マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン」(2014年)が話題になった元女優の妻リヴ・コーフィクセンが、Dazed の取材に応じて語ったコメントによれば、2009年公開の「血の伯爵夫人」で、ジュリー・デルピーが演じたことで映画ファンには知られる実在の16世紀のハンガリー貴族にして、美貌に執着し、処女を殺しては、その生き血を浴びたとされるエリザベート・バートリーの殺戮が下敷きになっているらしい「ザ・ネオン・デーモン」は…、


モデルとして成功するという野心的な夢を抱え、ロサンゼルスにやって来たエルたん扮するヒロインのジェシーが、ギョーカイに足を踏み入れるや、美に虜の女性たちから、その持ち前の愛らしい美貌と若さに対し、羨望のまなざしが向けられてしまうことに…!!といった次第で、上っ面は美女でも、内面は歪んでドロドロという本性を隠し持った女性たちの醜さや淫らさを赤裸々にえぐり出す “ 性悪な美 ” をテーマにしたホラー映画だそうです…!!


共演者として、「マッドマックス: フューリーロード」(2015年)のアビー・リー、前述の「ドライヴ」のクリスティーナ・ヘンドリックス、「バットマン V スーパーマン」(全米公開中)のジェナ・マローン、「高慢と偏見とゾンビ」(2016年)のベラ・ヒースコート、そして、ジョン・ウィックも登場する「ザ・ネオン・デーモン」の封切り日は今のところ、未定ですが、Amazon が配給すると決まっているので、いずれ、限定公開と同時に配信されるのは間違いありません。B面でお伝えのように、先週末の4月9日(土)に、18歳のお誕生日を迎え、成人になったことで、かなり大胆な艶技も法的に披露できることになったエルたんの最新作「ザ・ネオン・デーモン」をぜひ、お観逃しなく…!!

When aspiring model Jesse moves to Los Angeles, her youth and vitality are devoured by a group of beauty-obsessed women who will take any means necessary to get what she has.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA