**************************************************************************************************


先々月の2月初めに、B面写真を紹介したように、もう2か月以上も前の1月下旬に、スカーレット・ジョハンソンは「ゴースト・イン・ザ・シェル」の製作拠点であるニュージーランドの首都ウェリントンに現地入りしていますから、とっくに撮影は始まっていたかと思われますが、当初のディズニーに代わって、配給をつとめることになったパラマウント映画がプレスリリースを発行して、ようやく、クランクインを告知と同時に、主人公の戦うヒロイン、草薙素子の写真を初公開してくれました…!!






押井守監督のアニメ映画「攻殻機動隊」(1995年)に感銘を受けて、映画化権を取得したスピルバーグ監督の製作プロダクション、アンブリンが、他のメディア企業と連合を結び、“ アンブリン・パートナーズ ” に生まれ変わったことをキッカケにして、ディズニーに代わり、製作・配給をつとめることになったパラマウント映画が初めて公式にリリースしてくれた「ゴースト・イン・ザ・シェル」の最初の1枚めの写真です…!!と言っても、ほぼ横顔だけで…、


コスチュームの全身のイメージもわからないので、果たして、ひとまず “ 少佐 ” という呼び名で紹介されている草薙素子にあたる主人公に扮したスカーレット・ジョハンソンが適役なのか?!、いきなり判断することはできませんが、トップ ↑ にあげたアニメのキャラと比較すると、とりあえず、ヘアスタイルを似せようとしたことはわかりましたね!!


TVシリーズ「ボードウォーク・エンパイア」や、「ハンニバル」などで活躍のマイケル・ピットが、悪役 “ 笑い男 ” として、セクション9 =公安9課と戦うことになるハリウッド版「攻殻機動隊」の「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、来年2017年3月31日から全米公開!!、その他の共演者は、スカーレット・ジョハンソンと「ルーシー」(2014年)で共演したピルー・アスベックが、バトー役を演じるのに加え、フランス映画界を代表する女優のジュリエット・ビノシュ、「ザ・ダークナイト」(2008年)のチン・ハン、「アンブロークン」(2014年)のユタカ・イズミハラ、そして、「青春の蹉跌」(1974年)や、「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)、「もう頬づえはつかない」(1979年)などで、70年代の日本映画を代表する顔と言える国際女優のカオリ・モモイに、日本のお笑い芸人のビートたけしが、荒巻大輔の役で登場します…!!、メガホンを託されたのは、「スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン」(2012年)のルパート・サンダース監督です…!!、続報をお楽しみに…!!

The film, which is based on the famous Kodansha Comics manga series of the same name, written and illustrated by Masamune Shirow, is produced by Avi Arad (“THE AMAZING SPIDER-MAN 1 & 2,” “IRON MAN”), Ari Arad (“GHOST RIDER: SPIRIT OF VENGEANCE”), and Steven Paul (“GHOST RIDER: SPIRIT OF VENGEANCE”). Michael Costigan (“PROMETHEUS”), Tetsu Fujimura (“TEKKEN”), Mitsuhisa Ishikawa, whose animation studio Production I.G produced the Japanese "GHOST IN THE SHELL” film and television series, and Jeffrey Silver (“EDGE OF TOMORROW,” “300”) will executive produce.

Based on the internationally-acclaimed sci-fi property, “GHOST IN THE SHELL” follows the Major, a special ops, one-of-a-kind human-cyborg hybrid, who leads the elite task force Section 9. Devoted to stopping the most dangerous criminals and extremists, Section 9 is faced with an enemy whose singular goal is to wipe out Hanka Robotic’s advancements in cyber technology.

“We are so pleased to be in Wellington to shoot ‘GHOST IN THE SHELL,’” said producers Avi Arad, Ari Arad, Michael Costigan and Jeffrey Silver. “The city boasts state-of-the-art production facilities and a rich urban landscape that make it an ideal setting for a sci-fi action film. The crew-base in New Zealand working on the film is first class, and working with Sir Richard Taylor and the team at Weta Workshop is inspirational on every level. The people of New Zealand have been terrific partners in helping us bring this story and its beloved characters to audiences around the world and we are thankful for their continued hospitality.”







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA