**************************************************************************************************


SFアクション・スリラーの人気シリーズ「ザ・メイズ・ランナー」と、主人公のトーマスを演じるディラン・オブライエンのファンのみなさんにとっては、大変に残念なニュースが伝えられました…。



業界メディア THR のレベッカ・フォードとボリス・キットによれば、「ザ・メイズ・ランナー」トリロジーの最終章となる「ザ・デス・キュア」が撮影を行っている現地カナダのバンクーバーで昨日の3月17日(木)に、主人公のトーマス役を演じるディラン・オブライエンがアクション・シーンの撮影中に重傷を負い、地元の病院に緊急搬送される深刻な事故が発生してしまいました…。

2014年公開の第1章「ザ・メイズ・ランナー」と第2章「ザ・スコーチ・トライアルズ」(2015年)に続けて、ウェス・ボール監督がメガホンをとる完結編の現場で、トーマスは一体、どんな事故に遭遇してしまったのか?!の気になる詳細については、ゴシップ・メディアの TMZ が、自動車の絡んだアクション・シーンで、現実に轢かれてしまい…、


同時に複数個所の骨折を負った…と伝えているのに対して、業界メディア Deadline は、列車のセットから転落して、頬骨か、眼の孔の眼窩を骨折してしまったらしい…としてるので、現時点においては情報が、やや錯綜しています。

しかしながら幸いにして、命まで失いかねないような重傷ではなく、治療によって回復が見込まれている状態らしく、シリーズを製作・配給する20世紀FOX が、この事故について、以下(↓)のように、撮影を一時休止し、ディラン・オブライエンの退院を待って、あらためて再開する考えの声明を発表してくれました。
“ Dylan O’Brien was injured yesterday while filming Maze Runner: The Death Cure in Vancouver, Canada. He was immediately transferred to a local hospital for observation and treatment. Production on the film will be shut down while he recovers. Our thoughts go out to Dylan for a full and speedy recovery. ”
なので、ひと安心とは言え、ディラン・オブライエンの治療が長引けば、予定されている来年2017年2月17日の全米公開日までに、「ザ・メイズ・ランナー」の完結編「ザ・デス・キュア」の完成が間に合わないかもしれませんから、さらに事故の影響が随所におよんでしまう可能性もあり得そうです…。


いずれにしろ、まずは重傷を負ってしまったディラン・オブライエンの全快を祈りつつ、一日も早い撮影再開の朗報が伝えられることに期待して、「ザ・デス・キュア」の今後の展開を見守ることにしましょう…。







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA