**************************************************************************************************


ヒュー・ジャックマンウルヴァリンのファンの方はきっと、日本を舞台にした前作(2013年)も、実質的に年齢による視聴制限がないに等しい一般向けの PG-13 と大人向けの R 指定の両バージョンが同時に撮影され、映画館では PG-13 版が上映されたが、Blu-ray のリリースでは、R指定版が特典映像のエクステンデッド・エディションとして、購買動機に利用された…、だから、R指定の映画が作られるのは当たり前!!と指摘されると思うので、あらかじめ、そう書いてみましたが…、




ニューヨークで先週末に開かれたトイ・フェアで、「X-Men」シリーズを製作・配給する20世紀FOX が配布した資料(↑)に、スピンオフ映画「ザ・ウルヴァリン 3」が予定している視聴制限のレイティングが、R指定と書かれていることを、imgur ユーザーの RayChaos さんという方が教えてくれました…!!、「X-Men」の映画としては初めて、R指定で封切った結果、シリーズ史上最高どころか、20世紀FOX 史上最大の封切りヒットを叩き出した「デッドプール」の…


ミラクルな大成功が現実になるよりも前に、どうやら、FOX は、ヒュー・ジャックマンのシリーズ卒業作品「ザ・ウルヴァリン 3」も大人向けのR指定で封切ろう…!!と検討していたことが明らかになったわけですが、果たして、同社は子どもに人気のウルヴァリンの映画を、本当にR指定で封切るのか…?!、最終的には、前作と同様に、ふたつのバージョンを作ったうえで、それらを観比べてから決められるのでは?!と思われますが、CIAリーダーのみなさんは、いったい、どちらのバージョンが映画館に登場すると予想されるでしょう…?!


ちなみに、これまでは失敗作の「X-Men オリジンズ : ウルヴァリン」(2009年)を存在しないものと見なす方針にもとづき、3本めのスピンオフ映画を、あえて、「ザ・ウルヴァリン 2」と呼んできましたが、やはり、それでは混乱が生じると考え直したのか?!、素直に「ザ・ウルヴァリン 3」にするらしいことも、上 ↑ の写真で明らかになりましたね!!、ジェームズ・マンゴールド監督が引き続き、メガホンをとって、今春4月25日にクランクインする予定の「ザ・ウルヴァリン 3」は、来年2017年3月3日全米公開!!、Blu-ray などは、同年の夏にリリースと書いています…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA