**************************************************************************************************


「ゴースト・イン・ザ・シェル」の悪役としては、全米で明日の2月5日(金)に、ホラー・パロディの恋愛アクション映画「高慢と偏見とゾンビ」が封切られるサム・ライリーが、“ 笑い男 ” を演じる!!と、すでに昨2015年11月下旬に伝えられていたので、さては追加で、“ 人形使い ” も登場するのか?!と思いきや、やっぱり、“ 笑い男 ” だそうです!!




B面で一昨日の水曜日(2月3日)に、トレーナーを伴って、ジムに通っているスカーレット・ジョハンソン写真を紹介したように、ニュージーランドの首都のウェリントンで、もう映画の製作が始まっているハリウッド版「攻殻機動隊」の「ゴースト・イン・ザ・シェル」の悪役として、トップの写真(↑)でご覧のように、ミヒャエル・ハネケ監督が自らの代表作の残酷映画(1997年)を、ハリウッドでセルフ・リメイクした「ファニーゲーム U.S.」(2008年)で、底意地の悪い人物を演じたほか、近年はテレビシリーズ「ボードウォーク・エンパイア」や、「ハンニバル」で活躍しているマイケル・ピットが、 “ 笑い男 ” を演じることになった…!!と、Heat Vision のボリス・キットがレポートしてくれました…!!


となれば、冒頭でふれたサム・ライリーは、どうなったのか?!というのが当然、気になるわけですが、ボリス・キットが特に何もふれていない記事の内容から憶測をすると、結局のところ、オファーだけで出演交渉がまとまらなかった可能性が最も高そうですが、あるいは、サム・ライリーの起用を最初に伝えた Variety のスクープが勇み足だったのか?!、それとも、先月1月末にお伝えしたように配給する映画スタジオが、ディズニーからパラマウントに変わったことが何か影響したのか…?!、いずれにしろ、メガホンをとるルパート・サンダース監督(「スノーホワイト・アンド・ザ・ハンツマン」2012年)は、より悪役らしいイメージと言えるかもしれないマイケル・ピットを選んだ風に思えるわけですが、しかし、ひょっとして、“ 笑い男 ” という存在自体は虚像だけに、ハリウッド版のストーリーでは、もしかして複数の人物が演じる?!といった可能性もあり得るのかも…?!

ghost-in-the-shell-laughing-man-logo

その他のキャストとしては、現時点では、セクション9 =公安9課のサイボーグ、バトーの役を、サイキック・アクション「ルーシー」(2014年)で、スカーレット・ジョハンソンと共演した間柄のピルー・アスベックが演じることが決まっている「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、来年の2017年3月31日から全米公開!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA