**************************************************************************************************


一昨日の日曜日(2月21日)に、キャップアイアンマンとが激突!!のカバーを紹介したイギリスの映画マガジン、エンパイアを通じて、ディズニー・マーベルが「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の新しい写真をリリースしてくれました…!!、ご覧のリジーのクールなスカーレット・ウィッチのほか、続きを読むのあとで、キャップクリス・エヴァンズアイアンマンロバート・ダウニー・Jr.スカーレット・ジョハンソンブラック・ウィドウと言うよりは、ナターシャ・ロマノフ、エミリー・ヴァンキャンプのエージェント13こと、シャロン・カーターらの写真をご覧ください…!!





キャプテン・アメリカ」シリーズの前作にして、マーベル・シネマティック・ユニバース史上の最高傑作に位置づけられている「ザ・ウィンター・ソルジャー」(2014年)から引き続き、メガホンをとったロッソ兄弟のうち、兄のジョー監督が、エンパイアの取材に応じたコメントによれば…、
“ 「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」の結末は、前作よりも、ずっと意味深なインパクトを持つことになると思う。ぼくたちは、この「シビル・ウォー」で、マーベル・シネマティック・ユニバースの心理的なところを変えてしまうことになる。それは、とんでもなく激しい風向きの変化だよ。 ”
…とのことで、コミックヒーロー映画の世界に、ポリティカル・スリラーを採りこんだと言われた「ザ・ウィンター・ソルジャー」に対して、「シビル・ウォー」は、心理的なスリラー映画になる…と語った兄のコメントに、さらに補足をしてくれた弟のアンソニー監督は…、

“ かなり劇的な結末は、物議をかもして、ファンの大勢の人たちの間で論争になるかもしれない…。 ”
…だそうですから、先月1月末に行われたテスト試写の結果として、もしかすると、マーベルのファンが拒否をしかねない結末が、「シビル・ウォー」で描かれているらしいことが伝えられましたが、アンソニー監督のコメントはあたかも、そういうショッキングな終わり方を受け入れられるように、覚悟しておいてほしい…と、前置きの警告をしてくれたような感じなので、やはり、衝撃の幕切れは事実だったように思われます…!!


上 ↑ の写真で、前作「ザ・ウィンター・ソルジャー」から続けて参戦したエミリー・ヴァンキャンプのシャロン・カーターの隣りにいるホビットのビルボ・バギンズの役どころは、「ブラック・パンサー」の原作コミックのキャラクターとして知られるエヴァレット・ロスだそうです…!!、総合テロ対策センターのメンバーとして、エージェント13 とチームを組むようですが、背後で控えている戦闘員の胸に書かれている文字は、ドイツ語のようなので、ベルリンでロケされたシーンに登場することになるみたいですね!!、また、チャドウィック・ボーズマンがヒーローとして、単独で主演をつとめる「ブラック・パンサー」(2018年2月16日全米公開)にも、マーティン・フリーマンは出演することになるのでは…?!


上 ↑ は、やはり、前作に登場したフランク・グリロのブロック・ラムロウが進化した悪役のクロスボーンズ!!、以下 ↓ の写真は、公式にリリースされたものでなく、エンパイアの誌面のスキャンなので、画質が見劣りしています…。


最後 ↓ は、エンパイアを定期購読している読者への特典の限定版のカバーです…!!とだけ書いて、記事を締めくくれば、ヘッドラインのシリーズ復帰の人気キャラクターは誰のことなんですか…?!と当然、怒られてしまうので、それについて触れると、物語にどう絡むのか?!はわかりませんが、エンパイアによれば、グウィネス・パルトローのペッパー・ポッツの出演シーンが追加で、カメラにおさめられたそうです!!、ペッパーが最後に登場したのは、「アイアンマン 3」(2013年)ですから、約3年ぶりの復帰となるわけですが、この「シビル・ウォー」は「キャプテン・アメリカ 3」と同時に「アイアンマン 4」の側面も持っているので、ペッパーが姿を観せるのは当たり前と言えば、当たり前かもしれませんね…!!


その他に、スキャンの写真で姿が見られたウィンター・ソルジャーのセバスチャン・スタンに、ファルコンのアンソニー・マッキーらの他、ホークアイのジェレミー・レナー、ウォーマシンのドン・チードル、ザ・ヴィジョンのポール・ベタニー、アントマンポール・ラッド、そして、大注目の新・スパイダーマントム・ホランドが初登場する「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」は、サマーシーズンの開幕映画として、5月6日から全米公開!!、続報をお楽しみに…!!

Marvel’s “Captain America: Civil War” finds Steve Rogers leading the newly formed team of Avengers in their continued efforts to safeguard humanity. But after another incident involving the Avengers results in collateral damage, political pressure mounts to install a system of accountability, headed by a governing body to oversee and direct the team. The new status quo fractures the Avengers, resulting in two camps—one led by Steve Rogers and his desire for the Avengers to remain free to defend humanity without government interference, and the other following Tony Stark’s surprising decision to support government oversight and accountability.

Marvel’s “Captain America: Civil War” stars Chris Evans, Robert Downey Jr., Scarlett Johansson, Sebastian Stan, Anthony Mackie, Emily VanCamp, Don Cheadle, Jeremy Renner, Chadwick Boseman, Paul Bettany, Elizabeth Olsen, Paul Rudd and Frank Grillo, with William Hurt and Daniel Brühl.

Anthony & Joe Russo are directing with Kevin Feige producing. Louis D’Esposito, Alan Fine, Victoria Alonso, Patricia Whitcher, Nate Moore and Stan Lee are the executive producers. The screenplay is by Christopher Markus & Stephen McFeely. Get ready to pick a side and join the nonstop action playing out on two fronts when Marvel’s “Captain America: Civil War” opens in U.S. theaters on May 6, 2016.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA