**************************************************************************************************


コミックヒーロー映画シリーズの進展について、現在は自分が所属するマーベル・スタジオを介さず、親会社のディズニーと直接に打ち合わせをして、仕事を進めてることから、まさにシネマティック・ユニバースの仕掛け人と言えるプロデューサーのケヴィン・ファイギによれば…、
ベネディクト・カンバーバッチは、ずっとずっと以前から、ぼくたちが関心を持って、目をつけていた役者なんだ。でも、彼は瞬く間に売れっ子の人気者に登りつめてしまい、同時に忙しさの多忙を極めてしまった…。だから、ぼくたちはとても、彼を起用できるようなタイミングじゃないな…と諦めて、ほかの俳優をあたることにしたんだ。けれど、とどのつまりが、やっぱり、ベネディクト・カンバーバッチにこそ、オファーのトライをして、彼のスケジュールと折り合いをつけるべく努力をしようじゃないか…!!ということになったんだ…!! ”
…だそうですから、ホアキン・フェニックスにオファーをしたものの、こだわりの名優に断わられてしまったことで、仕方なく矛先を別に向けたのではなく、そもそも、ドクター・ストレンジ役に想定していたのは、名探偵のシャーロック・ホームズだったことを明らかにしてくれました…!!






全米では明日の火曜日(12月29日)に書店に並ぶことになるエンタテインメント・ウィークリーの新年合併号が、ディズニー・マーベルのコミックヒーロー映画の最新作「ドクター・ストレンジ」で、主演のベネディクト・カンバーバッチが演じる魔術師のヒーローのイメージを初公開してくれました…!!

トップ ↑ のカバー・フォトの撮影のために、ドクター・ストレンジのコスチュームを初めて身に着けたベネディクト・カンバーバッチは、魔術をあやつるヒーローが、そのパワーを発揮するにあたって、実際のところ、どう演じればよいのか…?!、魔術を使う時の身のこなしの動作や、それに伴う指のポーズ、また、呪文の唱え方などを決めかねている修行?!の途中だそうですが…、

“ 魔術を生みだす一連のジェスチャーは、とても美しいものなんだ。バレエのようでいて、かつ、とてもダイナミックなものになる。裏方の秘密研究室の連中が一旦、それに取り組めば、とんでもなくクレージーなことが巻き起こると思うよ…!! ”
…とのことで、初挑戦のコミックヒーロー役として、本格的なアクション・スタントの演技に取り組むことに意欲を示してくれました…!!、とは言え、映画は主人公だけでは成立せず、脇役のキャストも重要なわけですが、ベネディクト・カンバーバッチのお相手として、ヒロインに起用したレイチェル・マクアダムスについて、前述のケヴィン・ファイギは…、

“ レイチェル・マクアダムスは、ベネディクト・カンバーバッチが演じる主人公ステフェン・ストレンジとの間で、つきあいの歴史がある同僚の外科医の役を演じているんだ。彼女の存在は、魔術師のヒーローに生まれ変わったストレンジにとって、過去の本来の自分としての人間性をつなぎとめる役割りを果すことになる。 ”
…だそうで、どうやら、今秋10月中旬に、別のコミック「ナイト・ナース」のキャラクター、クリスティーン・パーマーを演じているのでは…?!と伝えられたレイチェル・マクアダムスは看護士の役らしいというニュースは誤りだったようですが、映画のはじまりで、ベネディクト・カンバーバッチ扮する素のステフェン・ストレンジとの関係が描かれることになるヒロインはその後…、


ヒーローのドクター・ストレンジに変貌したステフェン・ストレンジと再会を果すキャラクターであることから、ケヴィン・ファイギと共にプロデュースをつとめるスティーヴン・ブルーサードによれば、そうしたドクター・ストレンジのビフォー・アフターを共に知るレイチェル・マクアダムスの視点こそは、現代のニューヨークを舞台にしたコミックヒーロー映画の劇中において、言わば観客の視点を肩代わりするような働きをつとめる登場人物にもなるそうです…!!


自己中心的で、エゴの強い脳神経外科医のステフェン・ストレンジ=ベネディクト・カンバーバッチが、悲惨な交通事故によって、メスを握る両手の機能を失ってしまったことから、その治療法を求めて、ヒマラヤを訪ね、ティルダ・スウィントンが演じる魔術の老師エンシェント・ワンに弟子入りすることになるコミックヒーロー映画「ドクター・ストレンジ」は、新年2016年秋の話題作として、11月4日に全米公開!!、共演者として、テレビシリーズ「ハンニバル」のマッツ・ミケルセンが謎の悪役に起用されたほか、「12イヤーズ・ア・スレイブ」(2013年)のチゥエテル・イジョフォーが、後にドクター・ストレンジの敵となる兄弟弟子のバロン・モルドとして登場!!、メガホンをとっているのは、「デリバー・アス・フロム・イーブル」(2014年)などのホラー映画の名手のスコット・デリクソン監督です…!!


ベネディクト・カンバーバッチ主演のコミックヒーロー映画の最新作「ドクター・ストレンジ」の続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA