**************************************************************************************************


当の妹クロエ・モレッツちゃんはさておき、マネージャーのトレヴァー兄ちゃんは、大物の共演者らを相手に、かなり気を使わないといけないかもしれませんね…!!



2011年開催の第83回アカデミー賞で、最優秀作品賞を含む計4部門のオスカーの栄冠に輝いた「ザ・キングズ・スピーチ」(2010年)や、イアン・マッケラン主演の「Mr.ホームズ」(2015年)などに出資して、共同製作に名を連ねた配給会社のフィルムネイションが発行したプレスリリースによれば…、
“ とても価値のある航路をめぐる争いの物語。もはや、値など付けられない価値の物を秘めた隠し場所を探す航海と、復讐を求めてやまない強い意志とが、ケダモノのように巨大な貨物船上のデッキで、スペクタクルな戦いへと雪崩れ込んでいく…!!、この危機と陰謀をはらんだ壮大な叙事詩は、南米アルゼンチンの古代の取引家から、大洋の底の暗黒の深みへと、我々を誘っていく…。 ”
…とのことで、だから、具体的にどういう物語なのか…?!というのは、今ひとつ、ピンときませんが、どうやら、価値のある物資のありかを探す航海に出た巨大な貨物船に、因縁の復讐心を抱いた者が乗り込んでいたことから、船上の陰謀が交錯し、戦いのアクションへと展開することになるらしいスペクタクル映画「ザ・モダン・オーシャン」に…、



キアヌ・リーブス、アン・ハサウェイ、ダニエル・ラドクリフ、ジェフ・ゴールドブラムといったスターのほか、ソニー・マーベルの新しいスパイダーマンとして注目のトム・ホランドと、その新・スパイダーマンの本命と言われながら、ヒーロー役を獲得できなかったエイサ・バターフィールドくんに加えて、クロエ・モレッツちゃんの出演まで決定したことが発表されました…!!


タイムトラベルを描いた映画として、本格SFマニアが史上№1に位置づけるカルト作「プライマー」(2004年)のシェーン・キャルース監督(↑ 写真)が、いよいよ、ハリウッド映画のメジャー作品に挑戦すると言える野心作は…、
“ あふれるほど創意に富んで、不可解な現実にもとづいた「ザ・モダン・オーシャン」は、ライバル同士の苦々しい戦いとミステリアスなテクノロジーに満ちた秘密の世界へと、観客を導くことになります。 ”
…だそうですから、シェーン・キャルース監督なりの創意に富んで、不可解となれば、映画通の方でも、1回の鑑賞では物語の仕掛けや、内容の奥深いところが、すぐには理解できないかもしれませんが、前述のようなオールスター・キャストが、それぞれ、どんな役どころを演じるのか…?!、誰が主人公で、誰が悪役なのか…?!、これから映画の詳細がより明らかになるにつれ、大きな話題を集める作品に発展していくのではないでしょうか…?!

なお、フィルムネイションは、現地のサンタモニカでも日付けが変わり、もう今日になった11月4日(水)から始まるアメリカン・フィルム・マーケットで営業活動を行うそうなので、その結果次第で、出資母体の映画スタジオや、製作スケジュール、公開予定などが決まっていくことになりそうですね…!!、続報を楽しみにしておきましょう…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA