**************************************************************************************************


ブラッド・ピットから指名を受けて、「ワールド・ウォーZ 2」の製作準備を進めているというのに、そのゾンビ・アクション大作の続編の全米感染は再来年2017年6月9日と、まだ少し先だけに、今なら引き抜ける…!!と思ったらしいユニバーサル映画が、あろうことか、今夏のメガヒット作の続篇「ジュラシック・ワールド 2」(2018年6月22日全米公開)のメガホンを打診した…!!という掟破りのニュースを先月10月末にお伝えしたように、引っ張りだこのJ・A・バヨナ監督の最新作「怪物はささやく」の予告編です…!!







師匠と言えるギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースをしてくれたホラー映画のデビュー作にして、いきなり名作の「永遠のこどもたち」(2007年)、ナオミ・ワッツとユアン・マクレガー、そして、新スパイダーマンに大抜擢されたトム・ホランドを起用した「ジ・インポッシブル」(2012年)と、2本連続して、成功をモノにしたことで、冒頭のように引っ張りだこになった J・A・バヨナ監督の最新作「怪物はささやく」の予告編を、配給のフォーカス・フィーチャーズが初公開してくれました…!!


恋愛伝記映画「ザ・セオリー・オブ・エブリスィング」(2014年)で、オスカーの最優秀主演女優賞の候補にあげられ、実力が認められたことで、「スター・ウォーズ」のキャノン史上初のスピンオフ映画「ローグ・ワン」(2016年12月16日全米公開)の戦うヒロインに抜擢されたフェリシティ・ジョーンズの最新作としても注目の「怪物はささやく」の原作となるパトリック・ネス著の同名児童書を出版するあすなろ書房によれば…、
“ ある夜、怪物が、少年とその母親の住む家に現われた。それはイチイの木の姿をしていた。「わたしが、三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが、四つめの物語を、わたしに話すのだ。おまえは必ず話す…そのために、このわたしを呼んだのだから」、嘘と真実を同時に信じた少年は、なぜ、怪物に物語を話さなければならなかったのか…。”
…とのことで、フェリシティ・ジョーンズが演じる重い病気の母のため、「パン」(2015年)に出演していた新人ルイス・マクドゥーガルくんが起用された主人公のコナー少年が助けを求めることになるグルートではなくて、名優リーアム・ニーソンがモーキャップで演じたイチイの樹のモンスターが、その姿を初めて、チラと観せてくれましたね…!!


共演者として、「ウォークラフト」(2016年6月10日全米公開)のトビー・ケベルがお父さん役、つまり、フェリシティ・ジョーンズの夫を演じてるほか、シガーニー・ウィーバーがおばあちゃん役で登場する「怪物はささやく」は、来年2016年10月14日から全米公開!!、約80秒の予告編では物足りないのですが、CIAリーダーのみなさんは、注目のJ・A・バヨナ監督の最新作のイメージを初めて、ご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!

A visually spectacular drama from acclaimed director Juan Antonio Bayona (“The Impossible”), based on the award-winning children’s fantasy novel. 12-year-old Conor (Lewis MacDougall) attempts to deal with his mother’s (Felicity Jones) illness and the bullying of his classmates by escaping into a fantastical world of monsters and fairy tales that explore courage, loss, and faith.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA