**************************************************************************************************


映画製作のスポンサーとして、札束を切るだけの出資者の立場から、その富をもとに、さらに踏み込んで、企画開発に携わり、現実に映画製作の指揮をとる本当のプロデューサーに転身するのは、そう容易ではない…といった主旨のビジネス・レポートを、THR に執筆したキム・マスタースが、まさにそうした金満プロデューサーのひとりであるデヴィッド・エリソンにふれ、彼の手がけた「ターミネーター: ジェニシス」の続篇シリーズの製作が見合わせられている…という関係者の証言を伝えてくれました!!、全米での興行こそ振るわなかったものの、中国で大ヒットをしたことで、全世界のトータルの売上げが約4億4,016万ドルに達し、製作費の約1億5,500万ドルを回収するメドがついたと思われた「T5」は、続篇の「T6」、「T7」に向けて、前進できるだろうと期待をされていましたが、どうやら、莫大に投資された宣伝マーケティングの経費がアダとなって、採算は結局、赤字となってしまい、デヴィッド・エリソンの製作プロダクション、スカイダンスとパラマウント映画の両社は、おいそれと続編に着手はできなくなってしまったようです…。よって、映画の新トリロジーと連動したテレビシリーズまで立ち上げるという壮大な「ターミネーター」復活のプランは、ただの絵に描いた餅として終わってしまいかねませんが、約4年後の2019年には、「ターミネーター」の権利を、原案者のジェームズ・キャメロン監督に返却をしなければならないため、デヴィッド・エリソンとパラマウント映画は、それまでの自分たちが権利を持ってるうちに再び、「ターミネーター」の再々起動にチャレンジする可能性は、けして否めませんね…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


キャプテン・アメリカがなぜか ? !プロレスラーと一緒に悪のスパイダーマンと戦うトルコ映画など海外の怪しいイミテーション映画 ? ! のコンピレーション・ビデオ ! !



記事の見出しで例にあげた、メキシコの国民的ヒーローのプロレスラー、エル・サントが登場するまがいものコミックヒーロー映画?!のほか、ブラジル版「スター・ウォーズ」??、インドネシア版「ターミネーター」??といった諸外国の製作プロダクションが、ハリウッドの映画や、ドラマに便乗して作ってしまった間抜けなイミテーション映画のコンピレーション・ビデオですが、哀しいかな?!、あるいは光栄かな?!、日本の東映製作の「スパイダーマン」もキチンと含まれています…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA