**************************************************************************************************


「X-MEN: ファースト・クラス」(2011年)にも、スパイ映画のタッチを盛り込むなど、同ジャンルに想い入れのあるマシュー・ヴォーン監督が、世界各国で今春のバレンタイン・デーに封切り、製作費の約8,100万ドルに対して、トータルで約4億1,368万ドルを売り上げる大ヒットを叩き出した痛快なスパイ・アクション映画「キングスマン: ザ・シークレット・サービス」の続篇の全米公開日が決定したことを、製作・配給の20世紀FOXが発表してくれました…!!




どうやら、20世紀FOXとしては本来なら4億ドル超より、もっと上の数字を狙える作品だったのに…といった反省?!があったのか、続編の「キングスマン 2」は、サマームービーのブロックバスターとして、再来年2017年6月16日に全米公開だそうです…!!と書けば、第1弾のおもしろさは大人向けのR指定映画として、ちょっと過激な要素も含んでいたところだけに、夏休み映画ともなれば、万人向けの PG-13 映画として、やや精彩を欠くかも…といった不安の指摘も言われてしまうかもしれません。しかしながら、FOX が設定した封切り日の同日に全米公開されるのは…、


ディズニー・ピクサーの最新作「カーズ 3」ですから、まさにファミリー向けの人気アニメ映画の第3弾とは正反対の大人の観客層を主な市場として、「キングスマン 2」はターゲットを絞りそうな気がしますし、1週前の6月9日には、ブラッド・ピット主演のゾンビ・アクション大作の続編「ワールド・ウォーZ 2」が全米感染!!、そして、1週あとの6月23日には、ワーナー・DCのコミックヒーロー映画「ワンダーウーマン」が登場!!ですから、それらの強力な2タイトルに挟まれても、大丈夫!!という強気の勝算が、FOX にはあるのかもしれませんね…!!


とりあえず、前作に引き続き、タロン・エッジャートンが主演することだけ決まっている「キングスマン 2」は来春2016年4月にクランクイン!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA