**************************************************************************************************


エイリアン」シリーズは、そもそもリドリー・スコット監督のものであることや、マット・デイモンを主演に起用した全米公開中の「ザ・マーシャン」の内容が絶賛されて、大ヒットしている実績を踏まえると、やはり、マット・デイモン主演だった「エリュシオン」(2013年)に、「チャッピー」(2015年)と連続して、陳腐な出来栄えと酷評で叩かれ、沈没した未熟なニール・ブロムカンプ監督よりは、やはり、ベテランの御大リドリー・スコット監督を主軸にして、シリーズを進めていこうと考え直されたとしても仕方がありません…?!





エイリアン」シリーズを代表とする武器として知られる M-41A パルス・ライフルに、新たに RIS(レール・インターフェイス・システム)を装着した写真を先々週末に披露し、第6弾に数えられる「新・エイリアン」、もしくは、「正・エイリアン 3」?!の準備を着々と進めていることをアピールしていたはずのニール・ブロムカンプ監督が、上 ↑ のTweet のように、リドリー・スコット監督が「プロメテウス」の続篇として手がける「エイリアン」シリーズの最新作「パラダイス・ロスト」から、どうやら、何らかの影響を受けた結果、自分の2018年公開予定の「エイリアン」の製作が一旦、見合わされることになった中止の決定…と言うか、使われている言葉のニュアンスからして、厳密には何も決まっていない白紙の状態に戻されてしまったらしい?!ことをほのめかして、電撃発表しました…!!


一体、どういう事情から、シガーニー・ウィーバーが主演に復帰をするミステリアスな「エイリアン 6」の製作がストップしてしまうことになったのか…?!、急な発表の水面下にある事情の詳細は、まったく不明ですが、シリーズを製作する20世紀FOXとしては、まず再来年2017年5月30日全米公開の「エイリアン: パラダイス・ロスト」に対する観客の反応や、ビジネスの結果を踏まえてから、あらためて、ニール・ブロムカンプ監督の企画を検討したいのかな…?!とも憶測できそうですし、物語の展開の時間軸?!、それとも時系列?!、とにかく、世界観が大きく異なってるらしい?!異質な2作品を「エイリアン」シリーズとして連続して封切り、混乱を招くことを恐れたのかもしれません?!、となれば、リドリー・スコット監督は、「エイリアン」シリーズに鞍替えをした元「プロメテウス」シリーズを第4弾まで製作する可能性をほのめかしましたから、その完結編「プロメテウス 4」?!を封切るまでは、ニール・ブロムカンプ監督の「新・エイリアン」は凍結?!の冷凍睡眠下に置かれるということなんでしょうか…?!


いずれにしろ、「エイリアン」シリーズにおいて、もう自分の出番は当分、なさそうなことから、早々と別の映画の企画?!に取り組むつもりらしいニール・ブロムカンプ監督が、せっかく準備を進めてきた「新・エイリアン」に代わって、何を作るつもりなのか…?!も気になりますが、ひょっとすると最悪の場合、数々のコンセプト・アートを通じて、同監督がほのめかしたミステリアスな構想が謎のままに終わってしまうかもしれないという、この突然の「新・エイリアン」の製作を白紙に戻すというショッキングなニュースについて、CIAリーダーの「エイリアン」ファンのみなさんは、どのように思われたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA