**************************************************************************************************


【Update】: インターナショナル版の最終予告編もリリースされたので、記事に追加しました…!!

ハリウッドの映画スタジオが、新作映画やテレビドラマの宣伝プロモーションの場にしてしまったことで、もはや、当初の主旨のコミックの祭典ではなくなってしまった…と、残念に感じたことで、もうサンディエゴ・コミック・コンに来るのはやめよう…と決めた15歳のジョシュ・トランク少年が、31歳の大人になって、自分のハリウッド映画の宣伝のために、あらためて、コミコンを訪れ、披露してくれた予告編をお楽しみください…!!








製作・配給の20世紀FOX が先週末の土曜日(7月11日)に、コミック・コンのプレゼンで上映したコミックヒーロー映画「ファンタスティック・フォー」の新しい予告編を、オンラインでも披露してくれました…!!、これでおしまいの最終版となる新しい予告編は…、
広 告



ファンタスティック・フォーのインターナショナル版の最終予告編 ! !



先週の火曜日(7月7日)にご覧いただいたテレビスポットで、すでにチラと観られたリード・リチャーズとベン・グリムの少年時代の様子を、より詳しく紹介することで、後にヒーロー・チームのリーダーとなるミスター・ファンタスティックと、岩石男のザ・シングとの間にある強い友情の絆をほのめかしたほか、そのリードが成長して、果敢に挑んだ実験が、子どもの時と同様に、思いがけない結果を生じてしまい、特殊な身体能力を身に着けることになった…ッ!!という荒唐無稽な展開に説得力を持たせる効果の働きを期待した前フリにもなっているようですね…!!


映画の写真や映像が、なかなか披露されなかったことから、大失敗をしたのでは…?!といった、よくない憶測の噂がひろまったばかりか、さらにジョシュ・トランク監督の「スター・ウォーズ」アンソロジーからのミステリアスな降板が輪をかけたことで、スキャンダラスなイメージのコミックヒーロー映画になってしまった「ファンタスティック・フォー」ですが、果たして、あの「クロニクル」(2012年)は、まぐれだったのか?!、ジョシュ・トランク監督の力量の真価が明らかになる全米公開日は、来月8月7日!!、主なキャストは、ミスター・ファンタスティックのマイルズ・テラー、インヴィジブル・ウーマンのケイト・マーラ、ヒューマン・トーチのマイケル・B・ジョーダン、ザ・シングのジェイミー・ベルらの4人のヒーローチームの他、TVシリーズ「ハウス・オブ・カード」のレグ・E・キャシー、「インクレディブル・ハルク」(2008年)のティム・ブレイク・ネルソン、そして、悪役ドクター・ドゥームは、「猿の惑星2」(2014年)のトビー・ケベルです!!


FANTASTIC FOUR, a contemporary re-imagining of Marvel’s original and longest-running superhero team, centers on four young outsiders who teleport to an alternate and dangerous universe, which alters their physical form in shocking ways. Their lives irrevocably upended, the team must learn to harness their daunting new abilities and work together to save Earth from a former friend turned enemy.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA